Desert

呼吸

000038
今回で(一応)僕のターンはおわりです。読者の皆さん、そして良知くんに感謝!

昨年の11月からの全6回でいくつか新しいことにもチャレンジ出来たし、自分自身の新しい一面に気付くことも出来た。企画段階で良知くんが名づけてくれた「呼吸」はとてもしっくりきていて、アブストラクトな往復書簡の中に掴めそうな中心図を描くということは僕にとっての表現、あるいは生きることと非常に近しい。

ここでの取引相手は俺自身だから、俺は俺に真摯であればいい。
目的は金でもウケでもないから、苦しかろうが口元を引き攣らせずに一石を投じることができる。
もし、その波紋があなたの心を揺らすことになるのなら、とても嬉しい。

深い夜なら尚いい。
裸足で、するりと降りてくればいい。

(SoundCloudのプレイヤーの音質は褒められたものじゃないので、よければダウンロードしてください。)