朝弘 佳央理

朝弘 佳央理

ダンサー、振付家。
18歳から舞台活動を始める。
2005年よりLa Danse Contrastee、2007年からはAAPA/Away At Performing Artsに所属し、JCDN主催「踊りに行くぜ!」や大野一雄フェスティバルに出演。
また、中村恩恵、Henning Brockhaus、Nicole Wendelの作品等さまざまなプロジェクトにも参加。
振付家としての主な作品には「輪郭」 「Beads」 「夜弓」 「誰もいない部屋-chambre sans personne-」「隙間灯りのもつれる-L’écume des lueurs」などがある。
現在はパリを拠点とし、役者・彫刻家・建築家などジャンルを問わずさまざまなアーティストと共に作品づくりを行う。
2010年からは写真家としても活動。
2011年にウェブマガジン・アパートメントを設立。