ワン・チュー・スリー

第3期(2012年6月-7月)

僕はFlickrというサイトでセルフポートレイト写真を通して、
いつの日か少女時代のオフィシャル写真を撮るという夢に向けての
『〜The road to my dream〜少女時代オフィシャル写真への道プロジェクト』
という活動をしているのですが
(未だに少女時代関係者の方々からオファーはありません。)
その他に『Kiss Me Please プロジェクト』という活動もしています。
今日はそのプロジェクトについてお話したいと思います。

グリム童話「眠れる森の美女」では
魔女により100年の眠りについた王女が
王子のキスで目覚めました。

何年か前の選抜高校野球では、
とあるチームのキャッチャーがピンチに立った投手に「キス」をし、
落ち着かせるということがありました。

ネットのどこかのニュースサイトでは
少なくとも20秒以上キスをするだけで、
ストレスレベルが劇的に低下するということが報告されていたり、
激しいキスは普段使わない顔の筋肉を動かし、引き締め効果が期待できる。
つまり美顔効果も期待出来る。と書いてありました。

はたまた、
キスは目にして(ヴィーナス)
空想Kiss(C-C-B)
Just One More Kiss(BACK-TICK)
キスしてほしい(THE BLUE HERTS)
今すぐKiss me!(LINDBERG )
はじめてのチュウ(キテレツ大百科)
などなどちょっと思いつくだけでも
世の中には後世に残したい数多くのキスにまつわる名曲があります。

さらには、
キスをそのままバンド名にした世界的なロックバンドまでいます。
そして以前、金沢の街中でそのバンド名が胸元に大きくプリントされたTシャツを着て
自転車に乗っているオバチャンを見かけ、
年代を超えて皆から愛されているバンドなんだなぁと感心した次第でした。

長々とキスに関して書き連ねましたが
そう、キスにはこのように不思議なチカラがいっぱいあるのです!
まさに魔法のキッスだと思うのです!

キスは、
相手に対して素直に好きと思える気持ち。
相手に対して素直に感謝できる気落ち。
相手に対して素直に尊敬できる気持ち。
相手に対して素直にありがとうと言える気落ち。
相手に対して素直にごめんなさいと言える気持ち。

これらの気持ちを相手に伝えるための最もシンプルな方法。
重要なのはキスをすることが目的ではなく、
キスを通してこれらを“相手に伝えるようとする気持ちを持つ”ということ、
そしてキスを通してお互いに“その気持ちを共有し合う”こと。

そう考えると、
ちょっとした恋人同士の喧嘩や夫婦喧嘩、友人同士の喧嘩くらいなら、
いがみ合うヒマもなく「キス」ひとつで解決するのではないか。
わが家の取るに足らない小さな争いごとなんて
「キス」ひとつで全てが一瞬で解決するのではないか。
そしてかつて国生さゆりさんが歌った国民的ソング
「バレンタイン・キッス」のフレーズにもあったように
ミウもカンナもパパもママも誰もが浮かれて カーニバル♪になるんじゃないか。
さらにはいつの日か、
世の中のいざこざや争い事もキスひとつで解決する日が来るんじゃないか。
世界各国の偉い人と偉い人がお互いに調印する代わりにキスしちゃってもいいじゃないか!

そんな願いを込めて始めたのが
『Kiss Me Please プロジェクト』。

そしてFREE HUGSのように世界中のいろんな人たちに連鎖してくれればなぁ、と思いながら
いつものように換気扇の下でタバコをくゆらせながら
「キスに撃たれて〜眠りたいゼ〜オ〜イェイ〜♪」と
吉川晃司さんのキスにまつわる名曲中の名曲を大声で唄っていたら、
ミウとツマに「何や?パパどうしたん?」的な不安な目で見られた、
そんな週のはじまり月曜日。

追伸。

少女時代関係者からのオファーもどんどんお待ちしております。
One day I’m gonna take a picture of Girls’ Generation‘s(少女時代/SNSD) official photograph.
This is my dream!