はなをわすれて

第4期(2012年8月-9月)

6c113bf91242c4d905dc34534911aaf2
 

 
 
むこうまでぎつしりと すいれんが

さいていた

わたしはあなたのことを おもひだす

さいているいちめんの わたしのほうの てまえを

ひとつ

たひせつなことは ひとすじ つながつている

いとのように

たれにも ふさわしくあるように

きょくせん しながら つながって いとのようだから

あまりたれにもきつかれないように それでもしつかりと

つながつていて

ふたしか とか たりない とか かんじられても

いつわりではないことが

ときをへて

わたしが たといふざいでも

あなたがすでに ふざいでも

みずのなかのことのように おだやかなこと

ゆれて

たわみ

やくめを

はたしてゆく きせつと

ねんげつをこえて

ひなたに ひかげに よりそふ

たれにもきづかれず しぎ をこえて 

いつさいにとらわれず
 
ふざいのなかにある あなたのすがたを いまでは
 
こころつよくおもふ

はなのすいれんのひとつのようなひとだつた

でもあなたはもうえいえんにふざいだから

わたしは すいれんを

はな と おもわず

すいれんにまつわる せん を

たしかめる

すいれんなのだとわかつていながら

はなをわすれて