タバコがやめられるかもしれない話

第12期(2013年12月-2014年1月)

八年前、俺はギャンブル、それも他人に言えないくらいリスクのでかいギャンブルが原因で、
1200万の借金を背負っていた。
まずどうしてもタバコが吸いたくなるのだが、それを買う金も無く、
というかまず飯を食うための金が無い。
しかしタバコが吸いたい。
不思議なことに、貧乏になればなるほど、
飯の心配よりタバコの心配のほうが大きくなるのだ。
これがクズ人間という奴だ。
仕方が無い。
俺は人間社会から、クズ人間であるというレッテル、いや、事実を徹底的に馴致されて来たので、
その辺は結構開き直って「金が無いけどやっぱりタバコは吸いたいんです」っていうキャラクターを全面に押し出していた。
で、タバコが吸いたいけど金が無い。
そんなときは東静岡駅に出向いて、道端のシケモク集めに励む。
このシケモク集めがやっかいで、収穫の差が極端なのだ。
シケモクが集まらない日は、なんとか二、三本集めたとしても口紅色のバージニアスリムだったりするのが関の山であり、
俺みたいに常時エコーやらわかばを愛飲するスーパーヘビーなスモーカーには、それは例えるなら、まあ例えが見つからないんだけど凄くガッカリな事なのだ。

その日も、シケモクは落ちていないだろうかと東静岡駅をウロウロしていた。
するとたまたま南口のベンチに座っていたのが友人のAで、
彼は人を待っている様子であった。
これは好都合とばかりに俺はAにタバコをくれと強請る。
しかし、Aはもうとっくに禁煙に成功しており、持っていないとのことだった。
むしろ、タバコなんてやめたほうが良い、飯も美味く感じるし、金も貯まると説教された。
むむ。それはそうだ。
しかしタバコが欲しい。
あ、そうだ、これまだ持ってた、お前にやるよ、
と言ってAはバッグの中から禁煙パイポを取り出して、
俺にくれた。
更にAは語りだす。
これを禁煙の第一歩にすると良い、だいたいお前金もって無いんだろう、というかお前風呂入ってるのか、浮浪者の臭いがするから風呂に入ったほうが良い、、、
むむむ。的確なアドバイス。
たしかに気がつけば俺は浮浪者同然であった。
髪は伸ばしっぱなし、髭は伸ばしっぱなし、眼鏡は片方がヒビ割れている。ジーパンが黄色い。靴のかかともつま先も破れている。
Aはどうも迷惑そうに対応してくるのもうなずける。
ここはもう早急に立ち去ろう。
それじゃ、と俺が言うより前にAがふいに立ち上がり、彼女が来たから行くわ、と言って奴は駅のコンコースに消えて行った。

彼女。ああミス静岡のあの娘か。

俺はさっそくAにもらった禁煙パイポをくわえながら、またシケモクを探しはじめる。
その日は意地になって深夜まで捜索を続けた。
収穫があったかどうかは覚えていない。

と、ここまで書いた八年後の俺は、ようやくタバコに火をつけるのであった。

※フィクションです。最近やたら聞かれるので念の為…