エレクション

第13期(2014年2月-3月)

雪のつもり具合に愕然とする日々ですが、白い紙に描き始める時も、同じくその白さに愕然とする日々が続いています。
白い紙は何かしら描かなくても、それ自体ですでに存在が成り立っている。
線を引いた瞬間、やっちまったな〜と思うとともに白にはまり込み身動きが取れなくなる。
ほぼなにも意図を持たずに描いていると、特にそう思う事が多い。
それでも黙々と描き進めて行くと、ある時点から目的とするべき表面が白を覆って行き、後付け的に意図も見えてくる。
気分も徐々に高まって行き、紙の白さに躊躇していた制作にもリズムが出てくる。

と思ったのも束の間、すべて幻だったことに気づき再び愕然とする毎日。

エレクション