ユリイカ

第24期(2015年12月-2016年1月)

20151224_1d1d_3

年末だって自分のいのちは無くなりそうであった。
重なり合うのに、なぜ心地よいのか。
髪の毛みたい。