手紙「病気さんへ。」

第44期

初めまして、うつ病ハンドメイドの人、ハヤシミユウです。
本日からいろんなものに、お手紙を書いていきたいと思います。

– – – – – – – – – – – – – – キリトリセン – – – – – – – – – – – – – –

手紙「病気さんへ。」

こんにちは、改めましてハヤシミユウです。
最近どうかな、ちょっとだけ調子良さそうだね。よかったよかった。

いつからのお付き合いだっけな?1年半前くらい?
いや〜あなたには私、とても悩まされているのよ〜。
急に落ち込んだり、急にぼーっとしたり、急にふらふらっとしたり、
あなたはとにかくマイペースなの。私に似たのかな、飼い主に似るって言うしね。

そうそう、お手紙であなたに伝えたいことがあったの。

遅かったんだよね。
しんどさに気付かずに心も体も無理させちゃって、
心も体もぐちゃぐちゃになっちゃって、
あなたがやってきたんだよね。

わたしはあなたのおかげで、自分が自分を苦しめていることに
気がつくことができたんだよ。

ありがとう、。
 

あなたに出会えてよかったとは思えないけど、
あなたに出会えたからこそ今があると思うのね。

あなたがいなかったら、働き方や生活の仕方を見直すことも
なかったかもしれないし、
わたしらしさを見つけようともしなかったかもしれない。

ただただビジョンに向けて突っ走っていただけのわたしに、
余白を与えてくれたんだよね。

 
確かに社会から離れるのは怖かったんだよ、
眠れない日が続いてこの社会とさようならしようと思ったこともあったよ、
けど何よりも自主的に休むということの大切さを教えてくれたり、
今のワタシらしいわたしを見つけるきっかけになってくれたんだよね。

そのおかげでわたしは自分で納得して休もうと決意ができたし、
アクセサリーを作って生活していきたいという
わたしらしい目標を見つけることができたし、
ブログやSNSでもいつも偽りなく自分らしくいられるし、
うん。そうだね。それはあなたのおかげかもしれない。
 

これからもまだまだ長い付き合いになりそうだけど、
これからもわたしらしくやっていくから、
あなたも焦らずゆっくり、やっていこうね。
これからもよろしくね。

 
今日も生きるよ、ハヤシミユウより。