ダンスへのラブレター1:踊るときにおこること

第48期

「なんだって10年続けてみてやっと自分が何をやっているか分かってくるのよ。」

むかし学校の先生に言われたその言葉をときどき思い出す。

コンテンポラリーダンスに出会って13年。先生が言ってた区切りの10年を3年も過ぎてしまった。どうだろう、何かわかってきたのだろうか。うーん、全然わからないままダンスの周りをふらふらしている気がする。。。今回の連載ではダンスについて書く。書くことでダンスのことをもっとわかりたい!という熱い気持ちが根底にある。そうこれは記録・現状報告の形をした(だいぶマニアックな)、私なりのダンスへのラブレターなのだ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ダンスへのラブレター1:踊るときにおこること

「ウォーミングアップ」
朝起きて、ベッドから立ちあがり、コーヒーを飲んで、スタジオに行く。ゆっくりと体を動かし、そろりそろりと今日の体を確認する。疲れているところや痛いところ、昨日までの体とは違う、今日の体。体の構造を知らない赤ん坊のように新しい体を発見する。体と向き合うほどにクリアになる頭の中。溢れていたノイズが体の状況に集中することで消えていく。体の「今」の様子が直接頭に響き始める。体が頭に、頭が体に。ダンスのはじまり。全部がひとつになっていく。わたしはライオンに襲われたことも、人を殴ったこともない。穏やかな気持ちで生活できる文明社会、バンザイ。でもダンスはその日常を飛び越える。ワイルドさへと繋がる。体が日常を飛び越えると、心も日常を飛び越える。なぜだろう。経験したこともないのに、確かにこういう風に人を殴ったという感じがするのは。

「練習」
振付を練習する。体の動きを確認すると同時に、その振りをしたときに心がどう動くかも確認する。踊る体は踊る心。動きと一緒に心の動きも確認することで、振付が安定していく。

「本番」
カーテン裏で最後のチェック。調子がいい時も悪い時も、その日の体と振付が交じり合えるように最後まで確認する。客席の電気が消え、カーテンの向こうのざわめきがスッと静かになる。舞台上の照明が消え、ゆっくりとカーテンが上がっていく。その隙間から、客席の沈黙と集中が水のように流れ込み舞台を襲う。沈黙。静けさに包まれながら、深海の中で音を響かせるように体を動かす。ブラックホールのような客席の引力、気を抜いたら倒れてしまいそう。綱引きのようにそのエネルギーを引っ張り立っている、自分の存在の強さをしる。

「終演後」
ブラックホールが観客に戻る。顔が見える。体にみなぎっていたエネルギーがスポッと抜けて、着ぐるみのような、容器のような体だけが残る。頭が独立して動き始める。客席の様子を確認する頭、お行儀よく立っている体。ああ、また体と頭が離れていく。

終演後、友人に「Did you enjoy the show?」と聞かれて、スムーズに答えられない自分。それは旅に似ていた気がする。体ぜんぶでいろんな景色と出会った。楽しい瞬間も、悲しい瞬間も、怒りの瞬間もあった。たとえ上演時間が一時間と短くても、それは確かに、人生と同じ、時間を生きた、経験だった。私は答えた「I survived.」。

ソロ.7

(2017記録)