夏休みの自由研究

管理人の部屋

こんばんは。管理人の森山です。

アパートメントには設立当初から、運営者=管理人、ライターさん=住人、というゆるーいコンセプトがあって、僕らはその業務的でない関係性のイメージを大事にしています。
住人同士が井戸端会議をしていたり、醤油をお隣さんに借りたり、子どもたちとサッカーをする用務員がいるような、そんなアパートメントになればいいなと思っています。なんせ音を出しても近隣の顰蹙を買うこともないから、夜な夜なビール片手にセッションだって出来ます。
関係のボーダーが少し曖昧で、お互いの生活が溶けこむ部分がある。そんな感じでしょうか。
それと僕達管理人は、住人の皆さんの記事をお届けすることと同じくらい、或いはそれ以上に住人のことを読者の皆さんに知ってもらうということを大切にしています。作品(記事)はここに残りますが、住人の皆さんはライターとしての期間を終えてもどんどん進んでいきます。アパートメントをきっかけにライターさんのその先を追ってもらえたら嬉しいです。

——

今月は「部屋」という名前がつく企画にもかかわらずいきなり課外授業というかお宅訪問です。
管理人が住人の部屋に遊びに行く。一緒に夏休みの自由研究をやる。普通のアパートメントじゃないでしょ?

そんな話に乗ってくれたのは第6期で連載漫画を書いてくれた中村むつおくん。彼は今、tomodatiという名義で音楽活動をしています。
8/29日に代々木Zher the ZOOでライブがあるそうなので是非チェックしてくださいね。(イベントページも作ってくれました)

僕らはお互いにミュージシャンなので一曲作ろうという話を持ちかけてみました。それも夏の音のサンプリングだけで。
八王子まつり→奥多摩の花火大会という流れで音を採取して、後日むつおくんの部屋で曲に組み立てました。
曲だけ聴くと何がなんだか分からないと思うので、お時間ある方はぜひ、メイキングムービーを観たあとに聴いてみてください。

あなたの中の「面白そうじゃん、やっちゃおうぜ!」という夏休みの少年ごころが少しでも動いたならば嬉しいです。
それでは、また。