ご挨拶。

長期滞在者

こんばんは。

しばらくお休みしていましたが、またこちらでなんらかしらを書かせていただくことになりました。
本日は挨拶程度になりますが、2014年から本格始動いたします。

さて、以前書いていた〝〜のはなし〟は、過去作品、8つのシリーズから物語りを紡ぎ出す作業でした。お陰様で完結するこができ、一区切りついたかと思います。
そして、これから新たな作品を撮ってゆくわけですが、数年かけてゆっくりと取り組んでゆくつもりなので、当分の間お披露目する機会がございません。
そうなってくると発表できないフラストレーションが溜まり、いやになってしまいます。
ので、ここアパートメントでなにかしらを形にしていこうかしらと思うに至りました。

決まりごとは、毎月7日に作品を一点アップすること。撮り下ろし。登場するのは人たち。文章は被写体とのおしゃべりなどを文字におこし記載。

他者たちを体系化することで自己の輪郭を浮かびあがらせる作業は今までにも行なってきました。互いに影響を及ぼしあっていくその関係性。相互作用。やはりそこがテーマになります。

あってないようなものの中から其々が其々の真実らしきものを見出して、選択、決断し、それを推し進めながら生活し、でも信じたはずのそれが本当に正しいかなんてわかるわけもなく、足掻くことを強いられ、足掻く中で真実らしきものを見出して、選択、決断し…の、スパイラルに巻き込まれてゆくその状態こそが、人生やこの世界なのではないかと僕は感じてしまうわけで、、
なにかを胸に秘め足掻くことが僕にとっての表現という行為になるようです(もがき苦しむだけの意ではなく。
そこに写真、言葉、アート、仕事、趣味、スポーツ、旅、生活に関わるあれやこれなど、括りはなく、写真もおしゃべりも僕にとっては似たようなものです。

そんなわけで、ここでは出来るだけ自由に制作したいなあと思っています。

次書くときは年明けになりますし、2013年でも振り返ろうかと思ったのですが、長くなるのでもうやめにします。

みなさま、良い年を。
来年もよろしくお願いします。