“ねもとあやか”とのやりとり。

長期滞在者

ねもと 以下、ね” そう、このまえNHKみてたら旧ソ連に住んでる子供を7年ごとにインタビューしてる番組やってたの。
イガラシ 以下、イ” へー。
ね” 7歳、14歳、21歳、28歳で、この前28歳の映像のやつだったのね。で、7年後だとなにやってるかなと思って。
イ” あー、おれが?7年後ね、てことは、今26、あ、違う36だから、
ね” どんだけサバ読むの?ふざけんなよ(笑
イ” 天然で間違えた(笑
ね” つーか36なんだ?やばいね、おっさんじゃん(笑
イ” ほんともうおっさんだよ(笑
ね” でも、いちばん良い時期ですよね。
イ” まー楽しいね!40手前になったらまたあーって思うんだろうけど。
ね” やっぱそこがラインなの?
イ” そう思うんだよね。てか、今いくつだっけ?
ね” 27。
イ” 27か。30になるのってちょっと嫌じゃない?
ね” やだー。なっちゃえばいいけど、29とかやだ。
イ” うん、そんなかんじ。えっと、だから7年後、43か。43かー。まあ仕事の環境を理想に近づけて安定させたいよね。安定したら色々やりたいこともあるし。まあ、やりたいことっていっても親とか彼女さんを旅行に連れてってあげたいとか、そういうことなんだけど。いま無理だからさ。それがちょっと心苦しいっていうのはある。
ね” でも、前にイガ氏が彼女さんと結婚してる夢みたよ。
イ” まじで?
ね” あーおめでと!って思った。夢の中で(笑
イ” そうなんだ(笑
ね” 43だったらそうなってたいよね。わたしもそうなってたいもん。7年後、34かあ。結婚するっていうことなら、とにかく真面目な人がいいなー。
イ” 真面目な人っていうのは?
ね” んー女遊びしてなくて、クスリやってなくて(笑
イ” じゃあ、あれだね。普通の人だね(笑
ね” そう、普通の人と知り合いたい(笑
イ” 仕事とかは別にいいんだ?どんな仕事してる人がいいとかないんだ?
ね” んーなんだろう。いまは安定が一番かなあ(笑 子供育てられる収入がある人がいい。
イ” それは、ホントそう思う(笑
ね” 大事だよね。これ欲しいなとか、これ部屋にあったらテンションあがるなとか迷わないで買えるおばあちゃんになってたいよね。
イ” まあねー、でも、、そうね。いま、全然そんなん不可能に近い。
ね” イガ氏が?
イ” うん。欲しいものなんも買えない(笑 そう、でもね、
ね” 残念(笑
イ” 残念なんだけど、でも
ね” 宝くじ買った?
イ” え、買ってない。買った?
ね” 買ったー。
イ” 買ったんだ(笑
ね” 当たったの!3枚買って300円!
イ” それは、どうなの?(笑
ね” でもすごくない?
イ” すごいのかな?よくわかんないけど(笑 宝くじねー、当たったらテンションあがるだろうなあ。
ね” あがるよね。戸惑うよね、ありすぎて。
イ” え、いくら?
ね” 7億。
イ” 7億戸惑うね(笑 1億くらいだったらなんとなく想像つくけど。7億だどもうなんもしなそうだなあ。
ね” あたしもー、ダメになるよね。7億か。7億あったらとりあえず自分の家を買って、あと親の家。
イ” 親家いるかな?今から。
ね” とりあえずローンを返してあげる。
イ” あーそうだね(笑
ね” あと老後の生活費をあげないと。
イ” そうだね。お金があったらとりあえずどうにでもなるもんね。
ね” ねー。
イ” やっぱ金だ(笑
ね” でもずっと貯金してて使わないでいてもさ、それはそれでつまらないよね。
イ” いつ死ぬかわかんないしね。
ね” そうだよ。

イ” あ、そういえば、この前お葬式やったじゃんか。
ね” うん。
イ” で、なんかね、、葬式ってやったことあるっけ?
ね” うん、おじいちゃんとおばあちゃん。
イ” そっか。うち業者に頼んだのよ。家であげるんじゃなくって、セレモニーホールで。すごいね、結婚式みたいで。華やかでさ(笑 まあ、いいんだけど。
ね” なんか色んなランクがあるんだよね。
イ” そうそう。おれはじめてだったんだけど、物心ついてからちゃんと葬式出たの。
ね” でもなんか結婚式より好き、っておかしいけど、、結婚式より自然な気がする。
イ” んー?
ね” なんか結婚式に何百万とかかけるのは馬鹿らしいって思っちゃうけどさ、亡くなっておくりだすのを盛大にするのはそんなにあれなんだよね、なんで?って思わないんだよね。
イ” あー、なんだろうな、、葬式はしなくてもいい派なのよ。どっちかっていうと。
ね” お葬式?
イ” うん、自分が死んだらね。
ね” あ、自分が死んだら?わたしもそうかもな。
イ” って思ってたんだけど、いざやってみると、、、なんかね、あの最後に柩にお花をいっぱい入れていくのも「あー、ばあちゃん生きてるうちにそうされたらすごく喜んだだろうな」とか、あれすごい綺麗になるじゃんか?「ばあちゃんこれみたらテンションあがるだろうな」とか、ありがちだけど普通に思っちゃったし。
ね” なんかまた別のところでみてる感じするよね。
イ” ねー。なんか、なるほどねーって。みんな泣いてたなあ、、うちの両親以外。
ね” あー、大変だったから?
イ” やっぱりね、ずっと近くで世話してきた人はなかなかね。悲しいってだけでは片付けられない感情っていうのがあるんだろうね、きっと。認知症だったし、最後、体交する時すごい大声出したりとか、、痛いんだよね。手足も倍くらいにむくんじゃったりしてて、褥瘡もあったから。だから、、「今までよくがんばったね」「これでもう痛い思いしなくて済むね」みたいな思いもあったろうし、、
ね” なんかホントお疲れさまって思うよね。
イ” うん、そうだね。そう、納棺のときに柩にメッセージボード入れたのよ。そこにお母さんが「一緒にがんばったね。おつかれさま」って書いてて、、、なんかね、それみたらちょっとね、あーって思ったね。あれだけ嫌がってた、、嫌がってたっていうとあれなんだけど、嫁姑間で色々あって気持ちに折り合いつけるのがすごく大変で苦労してきたんだけど、やっぱりばあちゃんとの二人三脚だったんだなって感じて。
ね” お互いにって感じだよね。
イ” うん、お互いよくがんばったよねって。ああ、なんかよかったなって思った。最終的にはそういう気持ちになってもらえて。
ね” そうだよねー。

ね” おじいちゃんがさ、ずっと、これくらいの厚みのおっきめの日記をつけてたの。何十年も。で、亡くなってからその手帳を見る機会があったんだけど、
イ” うん。
ね” 元は学校の先生になりたかった人なんだけど、兄弟が多くて、自分が長男だったから養っていかなきゃいけないし諦めたんだって。実際は西武鉄道に入ってずっと働いてて、で、色々書いてあったんだけど、、ばあちゃんのこととか「こんな色々やってくれて良き妻か」とか書いてあったり
イ” うん。
ね” 3歳で妹が亡くなってるのね。「きみちゃんはそんな歳で死んじゃったのに自分はなんで生きてるんだろう。この歳まで生きてる意味がなんちゃら」とか弱音とか書いてあって。糖尿病だったんだけど、それってずっと自分で戦ってたんだなって。表面じゃ見えない部分、文字でみるとさ、やっぱ、内面とかみえたし、亡くなってからのほうがおじいちゃんのこと知れたし、しっかり喋った記憶ってないんだけど、離れてからのほうが近く感じてて、、
イ” そっかあ。
ね” で、お葬式の時に一番記憶に残ってるのが、柩の周りにみんな集まって、お花を一本一本入れて、最後に柩の蓋を占めますねって時に、業者の人とばあちゃんがきたんだけど、ばあちゃんが蓋を抑えて閉めさせないの。離れがたいっていうのがすごくわかって、なんかちょーいい式だった、、、
イ” なるほどね(笑
ね” いつもこのこと思い出すと泣けるんだけど(笑
イ” そうなんだ?号泣じゃん(笑
ね” なんかね、テレビとかで「いま泣けますか?」ってやられたらこれ思い出す(笑
イ” (笑
ね” なんかね、絶対離れたくないって、ばあちゃんがじいちゃんと離れがたいのがわかって、、締めさせないの。蓋を。そんな何十年もいてさ、ホントに100%で寂しいって思えるのってすごいなって思って。
イ” そうだね。
ね” ホントに理想のふたり。

ね” おじいちゃんが亡くなって、おばあちゃん一人暮らしになったから、ちょいちょい行くんだけど、そこで話してると大体「おじいちゃんが昔さー」みたいな話になって「いついなくなっちゃうかわかんないから、テーブルの下でカセット録音して回してたことがあって、この前聞いてたんだよ」みたいな話してたりとか。
イ” 仲良かったんだね。
ね” ちょー仲良し。毎日朝散歩したりとか。
イ” そういう夫婦っていいね、確かに。
ね” うん、かわいい。イケメンだしね、じいちゃん。
イ” (笑
ね” なんだろう、、さっきの話に戻るけどさ、お葬式ってその人がどれだけたくさんの人に愛されてたかっていうのがさ、素直に感じることができるから綺麗だなって気がするんだよね。

nemoto