“イワオアキフミ”とのやりとり。

長期滞在者

イガラシタカヒロ 以下、タ” なんかひとしきり喋ったあとだから
イワオアキフミ 以下、ア” そうだね。
タ” こっからなにを喋るかっていう(笑 
ア” さっき皆でゴハン食べたときに出し尽くしちゃった感があるなあ(笑 
タ” なんかね(笑 1回テンションガーってあがったもんね。
ア” そうそう。結局、、結婚観みたいな話だったよね。
タ” そうだね。みんな色々あるんだなあーって。
ア” ね。俺なんもないもんなあ。
タ” なんも?
ア” なんもないねーっていうか、長く付き合ってなんとかとかないもんなあ。
タ” あー、俺もないけど、、別れたとき、その付き合ってた期間の思い出を共有する人がいなくなっちゃうっていうのが切ないなあって思ったことあったなあ。
ア” そっかあ、そういわれるとそうだなあ。あんま考えたことなかったけど。
タ” その頃は今ほど友達いなかったし、だからかなあ。
ア” 友達ねえ。友達っていうのがむずかしいよね。いるんだけど、じゃあ踏み込んでどこまで知ってる奴がいるか、とか。
タ” まあね。
ア” それちょっとね、多感な時期にさ
タ” 多感な時期(笑 何歳くらい?
ア” 専門のときくらい。なんか話題に
タ” 友達ってなんだろうって?
ア” うん。なんかね、そのころ好きだった子となんも喋ることなくってさ。電話番号をゲットして電話をかけるじゃないっすか?俺の部屋は西側の角部屋を充てがわれてたんだけど、そこの出窓に座ってさ、足ブラブラしながら、、俺は喋れるだけでいいんだけど、会話続かなくなるとさ、つまんねー男に思われたくないから色々考えて、なんか最終的にそんな話をしてたりして
タ” あー。
ア” それ鮮明に覚えてて
タ” へー。
ア” そんときに、どこからどこまでが友達なんだろう?なんて話しながら別にそんなことはどうでもよく、下心しかないんだけど(笑 
タ” まあネタとしてね。
ア” そうそう。そのあと、その子とうまくいったわけではないんだけど。そんとき出窓で友情とか友達とか親友って何ぞやっていう話をしてたことだけは鮮明に覚えてる。
タ” なんか青春って感じだね(笑 
ア” たまにちょっと寂しくなったりすると、、俺のこととか皆ホント友達と思ってくれてんのかな?とか弱気になるとき、そのことを思い出して、、最終的に〝どうでもいいよな〟って(笑 
タ” 確かに(笑 最終的に〝どうでもいい〟っていう結論って大事だよね。俺もそこに落ち着くことけっこう多いもんな。
ア” そうそう。どれくらい一緒にいたりとか、どれくらい相手のことを知ってるとかっていう、そういう秤というか、そういうのではなく、、
タ” ん?
ア” 今度結婚式で友人代表のスピーチする友達って、俺そいつと飲みにいったところでほとんど喋らなかったりすっからね。
タ” そうなんだ?
ア” あんまり喋んない。
タ” 付き合いは長いの?
ア” 長い。就職してから。そいつが1年後輩で入ってきて。職場でテニスを皆でやろーぜってなったときにそこにいて。で、趣味が音楽で意気投合してから10年くらい一緒にいるかなあ。だから喋ることねー。
タ” 黙々と飲んでるだけ?
ア” あ、喋ってるは喋ってる。音楽の話とか趣味の話はするのよ。だけど別にそれ以上深いことを喋ることはまずない。
タ” ほー。
ア” なんかそれって、深いこと知ってるのが深い仲間っていう秤でいえばさ、浅い感じするけど、でも、そうじゃないよね?
タ” あーなるほどねー。
ア” 音楽の話しかしないけど、お互い東京にいる中では一番の友達だと思ってるから。
タ” いいね、その2人が音楽の話しかしないって(笑 
ア” 音楽の話しかしない。
タ” なにその感じ(笑
ア” (笑 
タ” じゃあ、その彼が結婚するっていうのはなんかちょっとね
ア” まあね、感慨深いものはあるよね。おれも結婚したい。
タ” って思っちゃう?(笑 
ア” んーまあそんな思ってないんだけど(笑 
タ” 結婚願望はあるんだよね?
ア” そうだね。んーなんだろうね、別に結婚にそこまで執着してるとは思ってないけど。いや、執着してんのかもしんねーなあ、、
タ” どうなんだろうね、でもイワオくん結婚したがってるんだろうなあってイメージはある(笑 
ア” うーん。
タ” でも、そんな話を頻繁にするわけじゃないのにね?なんだろう。女の話をよくするからかな?
ア” そうっすねー。
タ” で、この年だと結婚に繋がっちゃうのかね?
ア” 繋がっちゃうのかねー。そうっすねー、女の子好きっすからねー(笑 
タ” あー、写真集のさ、女の子スナップしてる写真好きだったなあ。どちらかというと展示されてない写真が載ってる前半が良かったなあ。後半雰囲気変わるよね?
ア” うん。いつも生活してる東京の中で撮ってる友達とかの写真と、地元を撮ってる写真が別口に見られてる感じがするかなっていうのがあって、でも俺の中では全部一緒の話だから、あれを全部混ぜたかったのね。でも、なんかこう、あそこで分けて入れてるのは、、自分の中の大切な原風景みたいなものと一緒に扱いたいとはいえど、やっぱり違う気持ちもあるから。まあ、俺も前半のスナップは好きは好きだし、本当はああいう写真を100枚くらいバーっと展示したい。
タ” あーいいね。うん、あの本の写真、良かったなあ、、
ア” それはよかった。
タ” いやーほんとけっこうよかったんだよねえ。
ア” ほんと?めっちゃ嬉しい。
タ” 友達とかのスナップも良かったんだけど、お父さんの遺影?顔が光で飛んでるやつとか、そういうバランスが良くて、泣ける。
ア” いやーイガラシさん、俺をほめるなー(笑 
タ” そう。まあだからね、あの本をきちんと製本してもらって(笑 
ア” そうやね(笑 いやーもっとエロティックなやつ撮りたいっすけどねえ。
タ” エロティックな?
ア” エロティックな。
タ” 撮れんのかね?イワオくん(笑 
ア” わかんなーい(笑 まあ、しばらく展示やんない気はするけどなあ。
タ” そうなんだ?
ア” うん、展示やってもなあっていう。展示用に写真撮ってるようじゃダメだなって
タ” なるほどね。
ア” うん、そうそう、なんかもっと淡々と撮ろうかなって。なんか気取った感じのやつを作り出したらだいぶ終わってんなって。
タ” 気取った感じ(笑 
ア” いやなんか、作品として体裁を繕って作り出しちゃうとだめだなって。
タ” あー。
ア” 自己満足みたいなところ?だけで終わるというか、、んーそこはよくわかんないな。内面のなにかを満たすためだけのものはやだなって思うんですよね。俺の写真はそこは大丈夫だろうって、俺が嫌なこと2点だけはやってないと思うんだけど。その先がもっとあるよなって気もしてるんだけど。
タ” まあねえ。内面のなにか、、
ア” 自己顕示欲みたいなものとか、承認欲求っていうか、、でも自分をみてほしいっていうところからはじまってるじゃないですか?
タ” そうだね。
ア” だからそこ陥りやすそう。
タ” でもそこの境界線ってむずかしいよね。
ア” そうなんすよ。自分がそんなん言えるほどできてんのかい?みたいな。できてねーよ!みたいなもあるしね(笑
タ” まあまあ。
ア” そういうことを思ってはいるものの、逆にそういうことをさらりとTwitterとかに格言のように言っちゃうやつが大嫌いっていうのもあるし(笑 
タ” 難しいとこだよね(笑 
ア” 難しいとこなんだよね(笑 そう、まあ、だから可愛い子みつけて可愛い子撮る。
タ” それが一番。
ア” それが一番。
タ” それは、、内面の何かを満たすあれじゃないの?(笑
ア” ホントだ(笑 そうじゃん!完全にそれそうじゃん!やばいぜよ(笑 
タ” でもホントそこって微妙なとこだよね。そこ無くしちゃったら意味ないしさ。
ア” そこは外せないでしょ。
タ” だよね。
ア” 完全に性欲的ななにかを満たすための、、そういってしまうとあれだけど、けどまあある程度あるよね。芸術、、いや、芸術の話やめよ(笑 
タ” やめよ(笑 
ア” 嫌いな話になっちゃう(笑 
タ” まあ、でもね、だってこれを撮りたいって思うこと自体がなんらかしらの欲求からきてるわけだし、そこ制限しはじめたらなんのこっちゃわかんなくなるしね。
ア” うん。だから本能のままに。
タ” 本能のままか。もし、彼女さんがいなかったら、たぶんもっと写真にのめり込んでるだろうな。
ア” そうだろうな。
タ” それしかやることないしね、そうなってくると(笑 
ア” やることないか。
タ” 元々がそんな仕事一生懸命やろうっていうタイプじゃないから。だから下手したら下手するような気がするもん(笑 
ア” そっかー。
タ” 自分の中で彼女さんに見合う男であろうっていうか、彼女さんに愛想つかされないでいるには魅力的な人でいなくちゃいけないわけじゃん?そういうふうに奮い立たせてる感はあるよね。自分の理想とバランスとりながら。俺的には良いことだなって思ってるんだけど。
ア” なるほどなあ、へー。俺いっつも思うんだけどさ、彼女さんっていう言い方ってさ、いつの時代から登場したの?
タ” わかんない(笑 俺ね、、例えば友達の弟のことを弟さんっていう言い方するじゃん?それをけっこー大人になるまで知らなくって。で、誰かに彼女のことを話したりするとき、彼女さんって言ったほうが丁寧な感じがして(笑 だから使ってたんだけど、そしたら癖づいちゃって。 
ア” なるほどなあ。
タ” たぶん。よくわかんないけど。
ア” 昔はなかったよなあって。ここ最近ちょこちょこ、、イガラシさんがっていうわけではなく目にするなって
タ” あー確かにちょこちょこみるね。
ア” ちょこちょこいるじゃん。
タ” 間違った日本語だよね(笑 そうかー。彼女さんっていうのやめようかな。
ア” なんでだよ(笑 
タ” なんか恥ずかしくなってくる(笑 
ア” 今更やめんなんなよ(笑 
タ” まあね(笑 いやーでも俺ほんと言葉知らないんだよなあ。
ア” 言葉?
タ” 常識がないというか。介護の仕事をするようになってやっと少しづついろんなことが身についてきてるけど。
ア” まあわかんないけどなあ、俺もどうなんだろう。常識あるのかなあ?
タ” いやー俺イワオくんはしっかりしてるなあって思うんだよね(笑 
ア” いや全然だって(笑 最近ずっと危機感でやばいなって。
タ” なんで?
ア” 俺食ってけんのかって。
タ” イワオくんの業界はなくなるってことはなさそうじゃない?
ア” あー食いっぱぐれることを心配してるっていうよりは、なんだろうな、、猫の手も借りたいんだから、猫みたいなやつでも食べていけるんだけど、俺は猫じゃいやだ。ちゃんとその存在感を示せる人にならなきゃいけないんだけど、今の状況は、、っていう。
タ” なるほどなー、まあ仕事やるからにはね。
ア” そうそう、そこはちょっとね、頑張んなきゃっていうのはある。頑張んなきゃ頑張んなきゃ、でも頑張るってどうやるんだっけ?みたいな(笑 
タ” まあ、そうだね。
ア” まあ、そうだね?(笑 
タ” いや、仕事は頑張んなきゃなあと思ってさ(笑 
ア” そうなんだよなー、AV女優の引退の話とか聞いて「ええっ!」とか言ってる場合じゃない(笑 
タ” そんなこと言ってる場合じゃないよ!仕事しろよ!(笑 
ア” ショックだった。
タ” そうなんだ?(笑 
ア” まじかーって(笑 
タ” まあ、そういうのもないとね(笑 ずっと仕事やってたら大変じゃない?それがいける質の人もいるんだろうけど
ア” そんなガソリンつんでないなあ。
タ” 俺もむずかしいなあ。仕事と写真があってバランスとれてる感じだもんなあ。

ア” 最近、俺いつまで生きていられるのかなとか思うんだよね。
タ” どっか体調悪かったりするの?
ア” そういう話ぢゃ、、(笑
タ” 違うんだ?(笑
ア” 悪いところは全然ない。
タ” そっか(笑 じゃあ何歳まで生きたい?逆に。
ア” 70までは生きたい。
タ” けっこー生きたいんだね?(笑 
ア” 70は超えときたいけど、そのあとはどうでもいいかな。
タ” 俺は80になるまでには死にたいなあ。
ア” え?
タ” まあ元気だったらいいんだけどね。
ア” あーそれは大前提だよね。元気じゃなかったらいいかなあ、俺も。なんかこう今のことは刹那的にみてるけど、でもそういう漠然とした未来っていうのは不安に思う。直前の未来のことはなんも考えてないのに(笑 
タ” (笑 
ア” これなんなんだって(笑 
タ” まあわからんではないけど。老後の心配とかしちゃうからね。
ア” そう。してる場合じゃねーだろって思うんだけど
タ” そうなんだけどね。そこまで生きるかどうかもわからないしね。
ア” そんなことを考えると結婚したいけどね。
タ” あー、俺は独り身だったらなんだっていいかなって思うんだよね。でも奥さんがいて、俺のせいで孤独で不憫な思いしちゃうってのはいたたまれない。ちゃんとしなきゃーって思う(笑 
ア” まあ、実際イガラシさんが結婚して彼女さんに先立たれたほうがやばそう。
タ” まあそうかなあ。そうだけどなあ、、んー、確かに男は弱っちいからなあー。
ア” 男は弱っちい。
タ” 死んじゃうんじゃないかな(笑 
ア” どんどん衰弱してさ、1年もしないうちに後を追うように
タ” 情けないよね(笑 
ア” 情けないよねー、でもそれが意外とリアルな話だよなあ。女の人強いからなあ。
タ” ねー。
ア” 展示に脱線したけど結局、戻ったね。女にはじまり女に終わるっていう(笑 
タ” さっき、皆でゴハンしてたときも恋の話だったしね。
ア” なにきっかけだったんだろうね?
タ” まあ、それだけ大事ってことか(笑 
ア” そりゃ大事でしょ!

iwaoakifumi