入居者名・記事名・タグで
検索できます。

今あるタグ

2F/当番ノート

ユリイカ

第24期(2015年12月-2016年1月)

20151224_1d1d_3

年末だって自分のいのちは無くなりそうであった。
重なり合うのに、なぜ心地よいのか。
髪の毛みたい。

akira muracco

akira muracco

illustrator based in Shizuoka Japan

Reviewed by
山中 千瀬

細かく描かれた髪の毛、目はこっちを見ている。「重なり合うのに、なぜ」という疑問が素敵。それがそもそも心地よいこととしては書かれていない、ということに安心するから。あけましておめでとう。

トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る