入居者名・記事名・タグで
検索できます。

2F/当番ノート

みずうみ

当番ノート 第24期

みずうみ

えんぴつで、イラストレーションを描くだなんて思っていなかった。
えんぴつで、うごき、きれいなもの、めにみえないものを描くとも思っていなかった。

三脚が嫌いということに、同意を求めたことはないけれど、
この前初めて同意された。
その時にやっと思ったのだけれど

描くということは瞬間だけだとはいえないということ。
時間軸というものを出せるということ。

みずうみは、うん。いつもゆらゆら揺れている。
自分のめにみえないものを映している。
誰だって描いていい。描いていいのだけど、

akira muracco

akira muracco

illustrator based in Shizuoka Japan

Reviewed by
山中 千瀬

「だけど、」で終わる文章はずるい。文章の導く場所が限られていても、その場所にはじぶんから向かわなければならない。私たちみんなちがうものをみていることには気づいていたけど、私たちみんなみえないものだってちがっていた。そういうことをおもう。

トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る