入居者名・記事名・タグで
検索できます。

朝、美しい予感

図書館の中の暴風

「図書館の中の暴風」は、わたし(坂中茱萸)と中田幸乃さんが毎月第二金曜日と第四金曜日に交互に更新する、交換日記のような連載です。

———-

幸乃さんこんにちは。近況ですが、最近は色々あってへとへとに疲れて寝てばかりいます。加えて、これまで全然テレビを観ていなかったのですが、『相棒』という刑事ドラマにはまって毎日配信サービスで鑑賞しています。『相棒』は刑事ドラマなので、警察関係者がたくさん出てきます。みんな頭が良くて、組織に対して色々な思いを持ちつつもきちんと働き、精神がタフです。怖い人や悪い人に強く言われても理路整然として動じません。わたしには遠い世界だなあと思いながら見ています。でもテレビっていいですね。頭が空っぽになります。
ここのところ「悩むこと」ばかり得意ででも芯まで悩めるかといえばそうでもなくて、途中で悩むことすらいやになって寝逃げします。大半は仕事の悩みです。でもわたしは年内にはいまの仕事を辞めると決めているので、これからは少なくともこの悩みはなくなるでしょう。『相棒』の登場人物のようにタフにはなれませんが、自分の好きなことをやろうと思います。そうでないとわたしも周りの人もかわいそうだと気づきました。

このあいだ近場へ観光旅行に行きました。最近は体験旅行やワーケーション、グランピングといった、「オンリーワン」な旅行が流行っていると聞きます。わたしはそういう情報に疎いので、とてもオーソドックスな旅行に行きました。農業体験もしていなければヨガも、ゲストハウスでの語らいも、なーんにもしていません。温泉が大好きなので、温泉にたくさん入って観光地を巡って、おいしいものを食べて旅館に泊まりました。そういう旅行を好きか嫌いかはまずやってみないと分かりません。わたしはきっとオーソドックスな旅行も「オンリーワン」な旅行も、結局、自分が決めたことであればなんでも楽しくなるのだろうなと思います。それがオンリーワンになるのだから。
でもわたしがいちばん好きなのは、旅行に行く日の朝なのです。ほんとうにいちばん好きな時間は朝で、それ以外はもう終わりで良いとさえ思います。中でも旅行に行く日の朝は格別です。なるべくまだ街が動き出す前の早い時間、出発の駅まで歩く時間がいちばん好きです。なにかが始まることへの美しい予感。
今月は色々と疲労しましたが、来月からは自分の幸せに素直に向き合えるように流れていこうと思います。幸乃さんも、良かったら一緒に流れていきましょう。

美しい発明 桃の缶詰をひらけば朝が集まってくる/坂中茱萸

坂中 茱萸

坂中 茱萸

短歌同人「えいしょ」所属の歌人未満です。

中田 幸乃

中田 幸乃

1991年、愛媛県生まれ。書店員をしたり、小さな本屋の店長をしたりしていました。

Reviewed by
佐々木ののか

朝やはじまりが好きすぎて、それ以外はすべて終わりでいいとさえ思っている。何もかもを叶えることはできなくても、自分にとって大事なものを知っている人は強いと、改めて教えてもらいました。

トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る