our finder

第5期(2012年10月-11月)

僕はこの写真に「our finder」という名をつけた。

「私たち」とか「our」って言葉は二人以上の物事を指す。
もしかしたら二人だけかもしれないし、
もしかしたら三人、四人、五人、
もしかしたらもっと大勢のことを指しているのかもしれない。

言葉のみをみた者は想像するだろう。
「our」に見え隠れする人々の存在を。

多分この写真を撮ったときは、
僕は「二人」の意味をこめていたと思う。
二人だけの世界を閉じ込めたかったんだろう。

だけど、生きるにはもっと大きなつながりが必要だ。

もし二人だけの世界があったとしても、
その世界は多くの人たちが関わりあう世界に守られて存在するんだろう。

宇宙の全てがつながっているように、
僕らはつながりの中で生かされている。
そのつながりの存在を感じとることができたとき、
本当の「our finder」が見つかるかもしれない。

見つけたいんだ、アワーファインダー。