band

第6期(2012年12月-2013年1月)

 

 

学生時代、バンドを組んでいた。大学3年の頭から大学4年の秋までの間、活動していた。

名前は「MONTRA」という。
僕は美術大学に通っていたのだが、メンバーは同級生の8人。
皆それぞれに普段から表現したり作ったりしていた。
僕 たちは『blue』という決まった一曲しか演奏しないバンドだった。決まったフレーズを皆で共有し、抑揚をつけて毎回曲を作っていくのだけれど、毎回の国 立市にあるスタジオ “レベル3″での練習ではそれぞれのメンバーのその日の気分、体調、天気、朝食べた物、聞いていた音楽、電車の混み具合、などによって出てくる音が違う。
しかし、曲のイメージは共有するようにしていて、僕達の表現しようとして居た『blue』とは、
夜を経て明ける瞬間の青の世界、
どんなに暗い夜でも、毎朝訪れる
一瞬の 青 の美しさであった。
どこの大学でも恐らく、大なり小なり開催されているように、僕の大学でも毎年、学祭でバンドのイベントがあって僕達のバンドはそこでの発表を目標に結成されたものだった。
という事はそれが終れば活動も終わると言うことだ
本番に近づくにつれて、音のフレーズにセンチメンタルさが増していくのがわかっていて
それぞれのメンバーが大学四年で春には卒業という大きな人生の一歩を控えているという状況で、
甲子園とか出た事ないけれど、高校球児ってこういう気持ちなのかと思う位、真剣にピュアにバンド活動に夢中になっていた時期であった。
この時間は僕の人生にとってとても大切な時間になった。今でも価値観の基準になるような、バンドです。
今日はその期間の写真と本番のライブの映像を載っけたいと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=GSBRu5oI0Dw
http://www.youtube.com/watch?v=LbjLelQkfdE
http://www.youtube.com/watch?v=4fS5sOx03pc