日々雑記

第13期(2014年2月-3月)

日常の些細な事に目を向けて日々色々と書いていこうと思ったのだが、些細な事に特に目を向けていない事に気づく。
それでは日々何を見て過ごしているのか?
何も見ていないのである。
意識して外を見ない限り、些細な出来事どころか重大な出来事にも気づかず、日々が流れて行ってしまう。
意識をせずに生きて行くなんて不可能だと思っていたが、気づけば習慣と言う動力のみにたより生きている。
習慣とは恐ろしいものである。


日々雑記