里山

第26期(2016年4月-5月)

satoyama15

私が住む兵庫県に「にほんの里100選」選出の里山があることを知り、川西市黒川まで足を運んだ。

電車を2度乗り継ぎ約1時間、能勢電鉄妙見口駅に着いた。

駅を降りると、そこには微笑ましい景色が広がっていた。

 

satoyama2

satoyama6

街中のように頭上何メートルも先に看板があるわけでなく、必要な情報は斜め下に落ちていた。

satoyama3

歩き続けるにつれ、壮大な自然を目の前に心を鷲掴みにされる感覚とは別の感覚を覚えた。

人々が手を使い、腰を使い、足を使い、丁寧に築き上げてきた景観。

圧倒されるよりも先に、畏敬の念が込み上げてきた。

まるで1つの作品に入り込んだようであった。

satoyama11

satoyama14

satoyama5

satoyama7

satoyama4

satoyama10

satoyama8

satoyama9

satoyama12

そこに暮らしている人たちは、当然それぞれ異なる性格、思想、信条を持っているであろう。

しかし、土地への関わり方、その根っこの部分で繋がっているからこそ、

あたかも一人の作者が築き上げたような素晴らしい景観を保つことができるのであろう。

satoyama16