仮眠

呼吸

k1k2k3k4k5k6k7k8k9k10k11k12k13k14

ようこそ、さかさまな世界へ。

エゴとサダメを毟りながら縁と居心地だけで生きてます、ここ最近は特に。

出来事は過ぎた途端に当たり前のようになるし、

わがままは過ぎた途端にどっかにいっちゃうし、

寝て起きたら記憶の細胞はズタボロに死んでるし。

右も左も上も下も、あるようでないようなものだし。

ただ僕はやっぱり自分が奇麗だと感じるものに触れていたい。

そのために必要な要素と、要らない要因を寝転がりながらみつけて。

それを自分の管から水の上に落とすんだ。

落とし続けるんだ。

波紋の行く末を、拝見しながら。

—————————————————————-

またもや更新日を過ぎてしまい、すいませんでした。

はてさて、次回はどうくるのか。

早くも3ターン目が楽しみです。

それではまた、二ヶ月後のこの位置で。