HALF 1:1:1

呼吸

half.

適当に見てください。

そのくらいが調度いいかと思います。

考えることが癖になると、疲れるんですよ。

だから時々、ぼーっとしたくなるわけですよ。

何も考えず、何を求めるわけでもなく。

ただその場に身を置いて、「居ること」を味わいたくなるわけですよ。

僕が意図的に撮らないものは、だいたいそんな”様子”になる。

今回の動画そのものだと、そう解釈しています。

いつも形になるまで、僕自身もわからなくて。

その時々の僕が、その時々を描いてる。

このタイトルも正直まだ明確に意味がわからない。

すべてが「なんとなく」で造られる。

ほら、縛ったら形が変わっちゃうでしょ。

大事なものは出来るだけ、フラットにさせておかないと。

あとは勝手に収まっていくだけですから、パズルみたいに。

ひとつのものは、ひとつの場所にしか収まらないんですよ。

僕らがいるこの惑星は、あらゆる全てが動きっぱなしでしょう。

その呼吸に合わなくなると、居心地が良くなくなるわけですよ。

自分探しの旅に出る前に、自分の呼吸を探してみたらいかがなものかと。

今回初めて、アルツハイマーのばあちゃんを撮ってて思ったんだ。

1秒前のことを覚えていられる僕は、1秒前のことを大事にしなきゃいけないなと。

忘れることが得意な僕らは、大事なことも置き去りにしてしまう。

息ながらに見極めていきたいものです。

100個の情報は、1つの感動には勝てないですから。

……………………………………………………………………

訪れてしまった皆さん、森山さん、こんばんわ。どうも、良知です。

連載「呼吸」ひとつめのアンサーですが、こんな具合になりました。

これからどんな音や色を出して、どんなリズムになっていくのか。

他人事のようにたのしみでなりません。

今年も残り僅かになりました。

夏の連載から今回の新連載「呼吸」と、アパートメントにはとてもお世話になりました。

巡り回る縁と共に、僕の回転を加えて。

この場を通して少しでも、スローモーションなる現象を与えて行けたらと思います。

それではみなさん、良いお年を。

half