井戸に石を投げ込んで井戸の深さと水の音を知りたい

第2期(2012年4月-5月)

最初のコラムを書いている時もひどい嵐だったけど今日もまた嵐だ。

久々に事務所の床で仮眠を取った。
5月も終わりに近づいたけど、朝方は少し冷え込んでパッと目が覚める。
9時からの電話での打合せに備え、資料と見積りをメールで送る。
娘の写真がプリントされたマグカップにたっぷりの砂糖とインスタントコーヒーを入れて業務を開始。

月末の慌ただしい雰囲気、電話も鳴りやまない。
早く帰ってアルコールを口にしたい、温かいものが食べたい。
ゆっくり娘や妻と話して、ライカの散歩にも行かなくちゃ。
洗い物も溜まっているだろう。

そんな事をぐるぐると考えながら、この2ヵ月の事も思い出していた。
あれ?もう2ヵ月も経ったのか。
たくさんの人に会ったな、それにもっとたくさんの人にも会いたくなった。
その為に車も買った。免許は無いけど。つまり心意気。
大体行き当たりばったり。

そして、このコラム。
最後の最後で難産だ。
「来週何書こう」
そんな事を書き終えた瞬間から考えているのにこの有り様。

僕が片目を開けてシャッターを押すようになった代わりに
妻は写真を撮れなくなった。

「写真が撮れないの」って言われたけど、
適切な言葉は持ち合わせていなかった。

ぐるぐると回る。

コラムをうんうんと唸りながら書いている横で
「そのてんぱった姿撮らなきゃ」と言って妻はカメラを取りに行ってしまった。
なので彼女が帰ってくるまで、うんうんと唸っているフリをしなければいけなくなった。
こっそりと。