春について

第2期(2012年4月-5月)

 「まっちゃんのにおいがすると落ち着くの」
  と妻がいう。
 「ならんで歩いていると、
  風に乗ってまっちゃんのにおいが
  流れてくるの。
  春になってから、
  においがつよくなったよ」

 妻は、春が好きだという。
 空気がぼんやりするから好きだという。
 
 むかし会社勤めをしていた頃、
 ちょうど今くらいの季節、
 朝、いつものように家を出た妻は、
 会社へ向かう途中で、
 あまりにも空気があたたかくて
 ぼんやりしていて眠たくて、
 とてもいい気持ちだったから、
 携帯電話を取り出して、
 「今日は休みます」
 と、上司に電話をしたという。
 僕はその話がとても好きで、
 聞くたびにいいなあと思ってしまう。
 
 願わくば僕は、
 妻にとっての春のようになりたいと思う。
 生きていると、いろいろある。
 なんだか、かんだか、いろいろあっても、
 僕がいればとにかく、
 安心して眠れるような、
 そういう存在でありたいと思う。