さよなら

第33期(2017年6月-7月)

_DSC8489

魔法の言葉が手に入ったと思ったのに
気づかぬ間に僕の手の端からこぼれ落ちて
いつの間にか灰色の抜け殻だけ
あの輝きがなんだったのか思い出せない

土曜日の商店街の雑踏の中
僕の目は君の姿を捉えたはずなのに
僕は目を逸らした
君は気づかぬまま僕の横を通り過ぎた
雑踏と僕は溶けて同じになった

千切れた思ひ出つなぎ合わせて
寂しさを噛み殺す
夢に堕ちようとする
手首に漂うジャズクラブの香り
嘘みたいな本当
本当みたいな嘘
僕は何もつかめずにいる

悪態ついて悪戯に笑う君
愛しい景色から僕は目を逸らした
つかんだって消えるわけもないのに
怖がって目を逸らした

片目を閉じて平らな世界を見る
灰色の世界
目を逸らした世界
悪戯に笑う君
さよならも言わず通り過ぎた

夜の風が通り抜ける
僕は目を逸らした
僕の中の灰色の世界から
さよなら

そして僕は笑う

_DSC4832

_DSC8309

R0000368-2

今回書いたのは、僕の中を渦巻くモヤモヤを題材とした詩みたいなものです。
もし僕に音楽ができるのならこの詩に最高に尖った音楽をのせてやりたい。