くもの巣のゆめ

ショートな絵本

あれれ
ここ、どこだろう
なんにもないのね

page01

きゃあ
くも、だわ
私、くもがこわい

page02

子ぐももいっぱいでてきた
くもの家族かもしれない

なんだか楽しそうにはねている
これからなにが始まるのかな

page03

くもたちが、巣をはり始めた
くるくると、かっちりと
くるくる、かっちり、あんでいる

page04

きれいなレースみたいな、くもの巣
おかしいな、ほんとにレースをあんでいるわ

page05

まあ、きれいね
くもがレースをあみ終えた

page06

おや、雨だ
ぽたぽた、ぱたぱた
ぽろん、ぽろん
すてきな音

page07

雨だれのビーズと、くもの巣のレースでできた
だれも見たことのないような、美しいカーテン
あらわれた

page08

カーテンがひらきます
シャララン、シャララン

page09

向こうになにか見えてきた
なんでしょう、なんでしょう

page10

木がいっぱい
森のなかだわ

鳥が
ゆっくりと、とんでくる
木の実をくわえてる

page11

森のおく
宮殿も見えてきた

page12

ちょうちょが
ようこそって言っているみたい
なかに入ってみよう

page13

舞踏会ね
すてき、私もおどろう

page14

うふふ、あっはは
たのしーい

page15

まどの向こうには、なにがあるのかしら
いってみよう

page16

あら、もう夜
蛾も、ひかりにつられておどってる

page17

ひかってるわ、この蛾たち
羽根をふるわせて、ひかる粉をふるっている
私のうえに

page18

きらきら、きらきら
ひかりは広がり
蛾はあつまり、どんどん大きくなるひかり

page19

蛾たちは、みんな あつまって

page20

ひかりが、はじけた

page21

どうしよう
まぶしくって
よく、見えない

page22

なんにも見えない…

page01

あれれ
私、いったいなにしてたんだっけ
ここ、どこだろう
なんにもないのね