入居者名・記事名・タグで
検索できます。

2F/当番ノート

『女』

第5期(2012年10月-11月)

夜のはざまにひとりの女

ビルのすきまにひとりの女

角をまがればひとりの女

女 女 ひとりの女

背中をみせてひとりの女よ

喘いでみせてひとりの女よ

産毛を逆撫でちくちくするよ

膝まづかせてひとりの女よ

よく笑いよく泣きおおいに食べ
時に狂い時に沈みそして浮かびあがる

やわらかなその腰つき
しなだれるそのうなじ
か細く力強い手首と視線

ふり返ればひとりの女

あおぎ見ればひとりの女

嗚呼 女 女どもよ

化けて装ってたくましい女どもよ

暁月 上ル

暁月 上ル

9月1日生まれの夜ふかしの凡人。こっそり詩人。2007年に初の詩集『未完の月』を出版。詩を書いています。個展をしたり、朗読をしたり、歌詞を書いたり、俳句を詠んだりもします。絵も描いたりします。夢の扉がいくつも開いては閉じ、閉じては開くので、欲張りな私はどの扉にも手を伸ばし、ときどき指をはさみます。

トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る