入居者名・記事名・タグで
検索できます。

2F/当番ノート

『滴』

第5期(2012年10月-11月)

滴はなぜ落ちるのか

穿つため

道に落ちて弾くまで
その宿命を知らず
眺める人の心を穿つ

滴はなぜ落ちるのか

放つため

芽吹きの種がひらくまで
その役割を知らず
受け継がれる命を放つ

滴はなぜ悲しいのか

永遠ではないから

明日を含んだ一滴が
夜露になることはなく
その一瞬に奇跡があるから

滴はなぜ嬉しいのか

その奇跡が奇跡であるがゆえ

暁月 上ル

暁月 上ル

9月1日生まれの夜ふかしの凡人。こっそり詩人。2007年に初の詩集『未完の月』を出版。詩を書いています。個展をしたり、朗読をしたり、歌詞を書いたり、俳句を詠んだりもします。絵も描いたりします。夢の扉がいくつも開いては閉じ、閉じては開くので、欲張りな私はどの扉にも手を伸ばし、ときどき指をはさみます。

トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る