青森

第5期(2012年10月-11月)


「青森」より 2005


「青森」より 2005

2004年から2005年にかけて青森県八戸市にアパートを借りて住んでいた事がありました。直前までメンバーとして活動していた東京、四谷にあるGallery Niepceでの活動を終え、新たなテーマの模索と作品制作のため拠点を移す事にしました。他にもやはり様々な理由はありましたが、北の地へ向かう事に何かしらの希望を持っていた事は確かな気がします。実際に八戸に住んだのは9ヶ月間くらいの期間でしたが、青森の季節の移り変わり方やその気温の差、身の回りの日々の物事を撮影しながら見ていました。
冬からスタートした撮影では、自分の中にあったイメージとしての青森、という像を写真に定着させようとしていたような気がします。外から受け取る情報をそのままフィルムに定着させることよりも、自分のフィルターを通した青森というイメージ像を定着させようとする気持ちの方が強かったなと思います。
上の獅子舞の写真は祭りを意識的に撮影した最初だったように思います。この時までは祭りをある土地を重点的に撮影する際に必要な一つの要素としてという捉え方しかしていませんでしたが、この時に見た祭りは小さな神社での御神楽と獅子舞でしたが観客も少なく、それまで自分が知っていた祭りとはずいぶんかけ離れたもので、今考えるとこれが祭り、民俗芸能を見た初めての体験といってもいいかもしれません。この祭りを見た事で自分が持っていた日本の神との距離感や関わり方を改めて考えさせられ、同時に祭りというものに興味を持ったと思います。そして思えば深く印象に残ったこの時の体験が、現在まで続くシリーズの原体験となっている気がします。