どきどきトゥナイト

第6期(2012年12月-2013年1月)

はじめまして、こんにちは。
イワオ君の紹介により、こちらのアパートメントに2ヶ月程滞在することになりました、マキヲという者です。
「君、やりたまえよ」とイワオ君に言われ「へ、へい!」と割と軽い気持ちで入居してしまいましたが、ふと見渡せば、周りは素晴らしい人ばかり。
なんの肩書きもないハイパー一般人である私は恐縮しっぱなしでございます。
この文章を打っている今現在も、極度の緊張で心臓バクバク手足はブルブル、生まれたての子鹿状態になっております。

さて、こちらでは自由に書いてくださいと言われておりますが、この子鹿、ノープランでやってきてしまった為特に書くことがございません。
しかし今ここを拝見している大多数の方が「し、鹿がパソコンいじってる…!」もしくは「そもそもお前は誰やねん」とお思いでしょうから、今回は簡単に自己紹介でもさせていただこうと思います。

改めましてこんにちは。わたくしマキヲと申します。
ネガティブで根暗でオタクでだらしのない性格で、自分を一言で言うならば「クズ人間」がぴったりだなぁと思う今日この頃。
猫と音楽と漫画が好きで、たまに写真を撮ったり、イラストを描いては年に数回企画展に参加したりしています。
週末は寝てるか数少ない友達と飲みに行っているかのどちらかで、とても残念な大人です。
かなりのアホの子ではありますが、悪い子ではないと思うので、ぜひ仲良くしてくださいね。

ふう。
他の入居者様に比べ、私の文章てばなんて幼稚でお粗末なのでしょう。
皆様がスーツやドレスで正装している中、裸に蝶ネクタイと靴下のみで立たされているような気分です。
ちょうハズカシイ。・・・・・・いやちょっとご褒美かもしんない。ドMで良かった。

ここまで書いてみても、なぜ私の様な凡人がここに呼ばれたのか分からない。
だけど、たまにはこんな人がうっかり入居しちゃっても良いはず…ですよ、ね?
とりあえずそういう事にしておいて、変な事書いてアパートメント追い出されない様に気をつつ、自分らしく楽しい2ヶ月を過ごせたらなと思います。

そうだ、やっぱり一人だと心細いので、この子にもお付き合いしてもらうことにしましょう。
この子の名前は「ほぺちゃん」。今年生まれた子でございます。
わたくし共々どうぞよろしくお願いいたします。

少年漫画でよく見る「必殺湯気隠し」
さっそく追い出されるかしら・・・?