今日の宇宙

第8期(2013年4月-5月)

なにかしらの表現をする上で避けられないのは取捨選択で、好きなもの、気になるもの全てを吸収し作品に消化することはできません。出来上がった形の外には選択されなかった成分が澱のように漂っていて、それは誰にも気づかれません。

今回の絵はそんな澱もぜんぶ画面の中に入れてしまおう、思いついたことぜんぶ書き出していってみよう、と描いたものです。

まず描いたのは枠線。何を描いてもなんとなくまとまって見えてくれるので、フリーハンドで描きます。そして描き始めたのが左下のあたり、難波田史男のドローイングを意識して、まっすぐな線を沢山かいたり、生物のようなものを紛れ混ませたりしました。幾何学模様とか、風景とか、何かのキャラクターのようなものが画面上で同列に描けたらおもしろいかなと思って、いろいろを描き加えていきます。右下の草原のようなものは、その辺りにてんてんを描いていたらなんとなく草原の草のように見えてきたので、草原にしておうちを描き加えました。おうちの横に「おうち」と説明書きを入れたのは、荒井良二さんの絵本「たいようオルガン」を意識してのことです。右上に太陽のようなものを描いたのは、全体が子供の描く風景画みたいになって面白くなるんじゃないだろうか思って描きました。そのうえ、真ん中あたりに唐突に日没があります。ところどころ植物の先に顔があるようなものも描いていますが、丸をふたつ描くだけでなにかしら意志のあるキャラクターのようなものができるのはおもしろいです。全体を見て、密度が足りないなと思ったところに適当なものを描き込んで、こんな風景ができあがりました。

またちょっとすれば感心ごとも目標も変わって、全く違う風景が見えてくるでしょう。

「今日の宇宙」というタイトルを付けて完成です。