⑦生き様+「てる子」

第11期(2013年10月-11月)

「俺の生き様を見てくれっ!」で、他人に共感を得てもらうより、生き「てる」様「子」。すなわち、その人が粛々と生きている様子、またはその人のなんでもない日々の営みが共感される方が、素敵だと思う。
誰もが見ていない所で何ができるか。相手あってこその自分基準をどう磨くか。この先の課題です。