ドラマチックな日常の欠片(2014.04.03)

第14期(2014年4月-5月)

0403

トーストを2枚と温めた牛乳にインスタントコーヒーを溶かしたカフェオレ。
もう少し暖かい陽気になってくると、冷たい牛乳に変わるくらいでこの組み合わせは基本変わらない。
今日の朝ご飯。正確には僕の朝ご飯。

毎日同じような服をきて、同じルートをとおって、同じ車両に乗って仕事にいく。
休みの日にはお気に入りのパンを買いに行くし、たまに飲むビールだっていつも同じ銘柄を選んでいる。

日常を変えることはとても難しい。

全く同じ日なんて今まで一日もないけれど、毎日がドラマチックなわけでもない。
僕は日々「ドラマチックに生きるんだぜ。」と思っていて、
ギターを買っては慣れないコードを弾いてみたり、
釣りをするためだけに遠い南の島に行ったりもした。
それはそれで楽しかったし、ドラマチックだった。

ただ、ドラマチックだと思えるのは一瞬であって、
日常ってのはあっという間にドラマチックなものを飲み込んで
風化させていくものなのだなぁと思うのだ。

そもそも日常とは「水」とか「白いご飯」みたいにブレ幅の小さいもので、
飽きたり、嫌になったり、変化するものではないだろうから、
そこにドラマチックさは求められないんじゃないか?と思いはじめていた。
そう思った方が合点のいく部分が多かったし、
そもそも日常をドラマチックにしようとする考え方自体に
多少面倒くささを感じていたのかもしれない。

そして、ちょうどそのころ自分の中でちょっとしたブームだった
「日常がどうだ。」とか、「ドラマチックがどうだ。」とかいう話と
全く関係のないことをblogにアップしたことがあった。

奇しくもそのことがきっかけとなって日常がゆっくりと動きだし、
のちにドラマチックな展開を引き起こすことになるのだった。

アパートメント14期 木曜日を担当させていただきますマツモトタケシと申します。
2ヶ月間よろしくお願いします。:)