旅のスケッチと陶板画のこと “Beginning of my journey” 個展のお知らせ

第20期(2015年4月-5月)

今日は 4/20より京橋で始まる個展のおはなしです。

溝尻 奏子 個展
’Beginning of my journey’
旅のスケッチと陶板画

2015/4/20→4/25 11:00ー19:00 (最終日17:00まで)

最終日 4/25(土) 15:00よりクロージングパーティ

GALLERY b.TOKYO

〒104-0031
東京都中央区京橋 3-5-4 第一吉井ビルB1

TEL&FAX: 03-5524-1071

*

ヨーロッパを旅しながら描いたスケッチをもとに、粘土と釉薬で陶板画を作っています。…そう、焼き物なんです。

土をこねて板状にし、レリーフを施してから ゆっくりと水分を飛ばしていきます。
均等に乾燥させないとヒビ割れや反ることがあるので、大きい作品では乾燥に1ヶ月以上かけています。

完全に乾燥したら、電気窯で素焼きをし、そののち釉薬で絵付けをし、また窯でゆっくり1230℃まで温度をあげて…完成です。

ガラス質の釉薬の色の重なりが美しく、釉調の差がおもしろいので実物を見ていただきたいな…
写真ではなかなかうまく伝えられません。

image image

2014年の春・夏のヨーロッパ、
スペイン・イタリア・フランス・チェコ・エストニア・リトアニア・オランダ・スウェーデン …
小さなリュックを背負って旅をしながら描いた絵を、壁いっぱいに飾っています。

小さなスケッチブックは壁にそのまま展示したので、パラパラめくって見ていただけます。

image

image

image

*

約4時間かかった搬入を手伝ってくれたのは、芸大工芸科 鍛金を修了した三木瑛子さん。
予備校からの仲良しで、彼女も同じ時期にドイツのハレへ留学をしていたので、
一昨年の秋はイギリスのFarnhamまで遊びに来てくれて、そのあとロンドンで連泊したり、
バルセロナでは妹の蓉子さんと3人で夜ご飯を食べたり…
スウェーデンの夏至祭の頃にはストックホルムで再会して、親戚の家に一緒に泊まって、湖畔のサウナでお喋り…

絵を見ながら蘇ってくる楽しい思い出がたくさん。

image

展示は4/20(月)から4/25(土)まで。平日は19:00まで開いています。
最終日の土曜日は15:00からクロージングパーティを行いますので、どうぞお気軽にいらしてください❀。

会場でお待ちしています(^-^)