Gisselle

第38期(2018年4月-5月)

ジゼルについて

私の所属しているカンパニーでは今シーズンにジゼルを2回上演しました。

ジゼルは私が初めてプロの団体に加わった時に参加した作品です。

その頃日本で私が所属していたバレエ団ではジゼルをよく上演していました。

ジゼルの二幕はコールドバレエにとってとても難しい場面です。
結婚を前に死んでしまった娘たちが妖精となって森に入ってきた男を死ぬまで踊らせて殺すという踊りです。

顔や体の角度、手の位置、全員で作る斜め、16カウント静止するアラベスク、アラベスクでの全員での交差、、、、、

初めてのプロの舞台で私はとても緊張しながら毎回のリハーサルに参加しました。

本番の舞台では全員が斜めに並ぶ場面の時に、自分のいるところからものすごくその斜めが果てしなく長く見えました。
緊張しすぎて視界がおかしかったのだと思います。

いまではそこまでの緊張はしなくなりましたが、ジゼル二幕には独特の緊張感があり、神経を使います。

みんなで息を潜めて踊るような踊り。

みんなで森に入ってきた男を呪い殺す踊りです。

群舞が息を合わせないとこの作品の意味はなくなります。

でもみんなの息があった時、一体感が感じられ、周りの人全てと分かり合えたような気持になります。

群舞の醍醐味だと思います。

ジゼルは今も昔も人々に愛されてきたバレエです。

自分を裏切った恋人を自分が死んでしまっても、許し、守るという選択をしたジゼルに人々は共感し、
その愛に感動するからだと思います。

FullSizeRender