「 箱 」

長期滞在者


IMG_6201


蓋のある箱が好きです。

手に乗せられる大きさなら尚良い。

手の上に乗っているのに、その中身がわからない。

まだ読んでいな本を手にしているのに似て、静かな興奮を誘うものです。





自分にとっての理想的な箱、極端な例は「海底二万海里」のノーチラス号でした。ネモ船長が己の知力と財力を結集して、世界中の美しい絵画、剥製、鉱石、この世の全てをあつめた、海底を進む驚異の部屋。




IMG_6207 (1)


ココアの箱に、可憐な少女が描かれている。少女は、同じ少女が描かれたココアの箱を手に持って微笑んでいる。少女の持っている箱に描かれた少女も、同じ箱を持って微笑んでいる。どこまでいっても、消滅することのない少女。それはアキレスが決して亀に追いつくことができないのと同じでした。





蓋を開けて、中の人形を覗く。その背中を、外の世界の誰かが覗いている。

時計の中の宇宙、銀河系と原子。入れ子構造について考えると、いつでも眩暈がしてきます。





————————

object :「八面体と蛍についての考察」

木材、紙、針金、石粉粘土、蛍石

11.5 × 9 × 3.5 cm

IMG_6195