入居者名・記事名・タグで
検索できます。

今あるタグ

風景のある図鑑 11

風景のある図鑑

「 クラゲ : jellyfish 」

jellyfish

クラゲの大半には、ポリプと呼ばれる植物のような時代があります。

クラゲの受精卵は、メスの保護嚢の中で0.2mmほどに育つとプラヌラ幼生となって外へ泳ぎだします。
プラヌラ幼生が海底の岩などにくっついて定着し、触手を伸ばします。
この海底に咲いた花のように見えるものがポリプです。

ポリプは、水温が15℃以下になると体がくびれ、花びらが重なったような姿になります。
この姿をストロビラといいます。
ストロビラの先端から花びらがひとつずつはがれて、ふわふわと泳ぎだします。このひとつひとつがエフィラと呼ばれるクラゲの幼生で、これが成長すると、私たちのよく知るクラゲの姿になります。

一体のストロビラから10体前後のクラゲが生まれてきます。
クラゲが生まれた後のストロビラからは元のように触手が生えて、またポリプとなります。

私たちが海で見かけるクラゲは、分裂した個体の一部でもあり、有性生殖をする1個体の生物であるとも言えるのです。

coca

coca

1988年、長野県生まれ。
coca、または古河郁という作家名で、絵や文章を書いています。
物理、数学、天文学、鉱物、錬金術を主なテーマとして作成しています。


書籍「風景のある図鑑」 https://minne.com/items/1739054

Reviewed by
朝弘 佳央理

カツオノエボシは個体ではなくてそれぞれの役割を持ったヒドロ虫の群体なのだということをこの間知った。
海は宇宙みたいだ。数学は昆虫みたい。cocaさんの世界観には不思議がいっぱい螺旋を描いている。

トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る