入居者名・記事名・タグで
検索できます。

2F/当番ノート

昨日の夕立。

当番ノート 第50期


昨日の夕方頃に、雷を伴う雨が降っていた。
いつもは気圧の変動で頭痛がひどくなっていたり、
過呼吸になりやすくなったり気象病が誘発される。
しかし、特別、心が揺れる感覚を味わえた雨だった。


1週間ぶりに打ち合わせをした。
うちの近くである池袋・豊島区を
エリアブランディングの観点から、
盛り上げていくU30のリーダーとだ。


ぼくの今の現状を赤裸々に吐露した。
ことばにノイズが入ってしまい、
伝達不足であったと思う。
目が枯れるほどの涙を落としてみたあとの景色。
ひとつ皮が剥けたようだった。
1週間前のぼくを思い出す。


そんな泣き叫ぶぼくと、
大気は波長を合わせあっていたのかもしれない。
時々、自らの感情と上を向いて大空とのにらめっこは大切。
どんなに窮屈な世界が目の前にあっても、
乗り越えてみせる、少しずつ。

https://soundcloud.com/souma-oldsoul-nakanome/mine


最後に。
こちらの曲を聴いてみてください。
感想など、お待ちしています。




また会う日まで、
お元気で。

中野目

中野目 崇真

中野目 崇真

2000年、池袋生まれ。実験音楽家、写真作家、体験設計。3歳からタップダンスを用いて活動し、音と共に歩んできた中での体験をここでは綴ります。

Reviewed by
福島 光帆

昨日の夕方、雨が降った。
先走って夏がきたような、夕立と呼んでもいい雨だった。
一瞬で土の匂いが強く立ち込め、思わずカーテンと窓を開け放って音と匂いを楽しむ。
雨があがった後には、虹が出た。

四角く切り取られたベランダに雨粒が落ちる音を最後に。

トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る