いのち

第3期(2012年6月-7月)

いまも警戒区域に設定されている福島県双葉郡浪江町請戸地区。ここは東日本大震災の津波による死者・行方不明者が約120名と、双葉郡で最も多かった地区だ。

人間が誰も住まなくなった場所で見つけた牛の群れには、震災後に生まれたと思われる子牛たちの姿もあった。

多くの命が失われた場所で、生き続けている命もある。