ももいろ片思いZ

第6期(2012年12月-2013年1月)

日常。ふとした瞬間。誰かの何気ない一言が、
自分の考え方や生き方が変わるきっかけになったりします。


数年前の私はなかなか派手に遊んでいたように思います。毎週のように人がたくさん集まるところに行きました。たくさんの人と会ってお酒飲んでワイワイして。私がその中で仲良くなれたのなんてほんの数人で・・・その人たちは今でも大切な友達ですけど。
そんな生活は今思えば、正直、そんなに楽しくなかった 笑。

周りの話についていくのに必死だった。
人に嫌われないように気を使った。
自分の好きなものすら言えなかった。
自然と人に囲まれる友達が羨ましかった。
友達みたいになりたくて、行動を真似てみたりもした。

真似てみた結果はダメダメで、今でもそうだけど、私がたくさんの人の中にいることはなかった。同じことしてるのに、友達みたいになれないイライラを他の友達にぶつけてしまうこともあった。
周りに期待するからいけないんだ。期待する自分が悪い、相手にそうさせる自分が悪い…。うまくいかない理由を全部自分のせいにすることで、なんとか自分の気持ちを落ち着かせていました。そんなこと考えながらも、友達についていっては楽しいふりしたりする日々を続けていました。段々、自分がなんなのか分からなくなっていました。

ある日、妹とテレビを見ていたら友達の知り合いが映りました。もう馬鹿らしいことこの上ないんですけど、その時の私はそれを誇らしげに妹に言ったんです、「この人、友達の知り合いなんだよ」って。あーーー書いててすっごい恥ずかしい馬鹿じゃないの私!そしたら妹にこう言われたんです。

『ふ〜〜〜ん』

もう全っっっ然興味なさそうな返事。まぁ当然のリアクションなんですけど。だけど当時の私は「アレ、何この薄いリアクション・・・」ってポカンとしてしまったんです。
私にとって憧れの存在である友達は、妹にとっては「ふ〜ん」で片付けられる程度の存在なんだ。それに気づいたら、自分の今までの行動が馬鹿らしくなってきました。

「嫌い」は自分以外が決めることだから、嫌われないように自分をどんなに取り繕ったって、嫌われるときは嫌われる。そう思うようにもなった。
じゃあ、どうせだったら素直に生きようと決めた。例えそれで嫌われても、自分に素直に生きたんだから後悔はしない、そんな覚悟ができた。


絵を描くということは、私にとって何なのか。
空気。呼吸。
あって当然のもの。いや、それすら意識しない程に当たり前に存在するもの。
ないと、出来ないと苦しくて生きられない。

・・・とか言えたらいいな〜なんて思うんですけど、それはこう思っちゃってる時点で叶わないことなんですね。残念ながら私にとって、絵を描く事はそこまで重要なことではないのです。絵を描く以外にも楽しい事いっぱい知ってるし、描かなくても充分楽しい人生おくれるし。

というか私、今考えると絵を描くの楽しいとおもったことそんなにない!
自分の思った通りに描けなくて苦しいし!
一人で作業してて孤独感に苛まれるし!
友達と遊べないし!
あと私は自分の描きたい絵と自分の好みの絵の区別が未だついていないから、すごい好きな絵と出会うと嬉しいやら悔しいやら羨ましいやらとっても複雑な気持ちになる!し!

なんでこんな思いしてまで描いてるんだろ・・・と半泣きで絵を描く事もしばしば。
でもそんな私を見た母に『よくそんなことやってられるね』と言われたことがあります。
・・・確かに。そんなに嫌だったらやめればいいのに。というか根が怠け者の私だったら、誰かに言われなくてもとっくに投げ出してるはず。投げ出さないってことは、やっぱり私はこういうことが好きなのかなーとぼんやり思うわけです。
本当に、未だに私はなんで絵を描くのか、自分にとって絵を描く事とはなんなのか、はっきり分からない。
けど、苦しかったり辛かったり、悔しかったり悲しかったり、そんな感情を心の底から抱くのって絵のことだけって気がします。
もちろん嫌な事だけじゃない。今まで自分が見てきた事、感じた事を絵で表すことが出来るのってとっても素晴らしい事だと思う。自分の絵を見て喜んでくれる人がいる、こんなに幸せなことってない。
そんなことをぼんやり考えてると、とりあえず、私にとって絵を描く事って何か特別な事であることには違いないな・・・と。これまたぼんやりとした答えですけれど。わはは。

なんだか暗いし地味だし楽しいことばかりではないけれど、絵を描いている自分は嫌いじゃない。
一番自分らしく生きている、と感じることが出来るものだと思っています。


そんな私はただいま来月の展示にむけ、絶賛引きこもり中です。
ちょっとした理由により曖昧な宣伝になりますが、2月20日〜26日まで伊勢丹府中店にて開催される企画展に参加します。・・・なんか、エレキバンみたいなグループがやっている会です。笑
詳細は、他の所で、宣伝させて下さい。すみませぬ。

ここまでだらだらとよく分からない文を長々と書いてしまいましたが、私のコラムも今回で最後になります。週に一度記事を書くというのは、普段は全く文章を書かない私にとって中々大変なものでした。でも自分の記事を紹介してもらえたり感想をもらえたり、初めて経験するようなこともあって、とても楽しかったです。おかげで、他にも書きたい事がでてきました。私のブログ、放置しまくりだけど・・・。はは。今年はこれを期にガンバロウかな。

私の記事で嫌な気分になったかたもいるかもしれません。ちょっと心配。そんな方には本当、謝ります。すみません。前半で「素直に生きる」と言いましたが、人に嫌な思いをさせてもそうでありたいとは思っていなくて・・・。ああ、なんかもうまとまりがないですね。やめよ。

とにかく、ここまでおつきあいくださった皆様、そしてこのような機会を与えて下さったアパートメントの皆様に感謝いたします。
それでは今までありがとうございました!

ほぺちゃんも最後までこんなんで・・・わが子ながら可哀想だ。