イマジネーションの木

第9期(2013年6月-7月)

#5

#6

#7

写真を始めたのは大学生になってから。フィルムカメラを貰って暗室に入って展示してたらいつの間にかどっぷりはまってた。途中からギャラリーのワークショップに参加して写真を通しての友達が増えてきて東京という場所で「写真」を中心に生活していた。ような気がする。写真を撮ることは好きだしなにかを作ることも好き。展示だってもちろん楽しい。ただ去年くらいから思い始めたことは僕は写真を撮る行為が一番好きなわけではなくて
それを「見せる行為」がとても好きということ。見せること=自分の写真じゃなくてもいいわけで。写真はたまたま自分が今までやっていた創作行為で。絵でも音楽でも本当はなんでもいい。描けないし弾けないけど。

要は
作る側ではなく
メディア側にいたいのが自分。

それが
今の編集の仕事にも繋がる。

だから写真展はやるけど
誰かとやるのが好き。
グループ展とか。

写真を見るのはとても好きだし
写真でなにかを感じるのも好き

写真を見せるのも凄く好きだし
写真でなにかを伝えるのも好き

 

それを見てくれる
あなたのことも
大好きです。