epilogue

第9期(2013年6月-7月)

梅雨に入ったころに
始まったこの連載も
今週で最後。

すっかり季節は夏ですね。

合計8回の連載の中でいろんな切り口から
自分って人を伝えられたらと思ってきましたが

巧く伝えることはできたでしょうか。

自分的には全く伝えることが出来なかったなと。
ちょっと後悔しています。

でも中には
わかったよって
言ってくれる人がいて
その人の中に自分という人間が

どんなかたちであれ存在してくれていたら

また新たな自分を見つけることができるかもしれません。

最後巧くまとめられないね。
今仕事に終われてて
会社で書いてるの。

深夜4時に。

今の自分というのこんな感じです。

ここで語れたことは過去のことばかりだけど
自分はこれからどんどん今を進んでいき
やがて未来の自分になっていきます。

これから先の未来のことを
いつかどこかでまた語れたらいいなって

そんな風に今思っています。