入居者名・記事名・タグで
検索できます。

2F/当番ノート

ヴァーチャルスナック・モモコー港区おじさんー

第45期

title_1500_アートボード 1 のコピー

いらっしゃいませ。
ここはアパートメントの中にある小さなお店「ヴァーチャルスナック・モモコ」へようこそ。
ありきたりのどこにでもあるようなお店。
ふらりとたどり着けたあなたはラッキーね。
期間限定でオープン中よ。
私は店長のミス・モモコよ。
今日は雨だから、暑さを吹き飛ばすモヒートなんていかがかしら?
あら、いつも通りのジャックダニエルソーダ割り?
男は「定番が好き」なのね?もっと冒険してみたら?
まあいいわ、かしこまりました♡

cover

冒険と言えば、一度は女子が冒険してみたいと思わせるオトコ、それが脂が乗ってる港区おじさん・・・
今回はおじさまとよばせていただきますわね。

港区おじさまといっても色々あるから、今回は六本木・麻布方面でブイブイ言わせてる港区IT系のおじさまについてお話するわね。

深夜24時を過ぎると、彼はやってくるわ。
早い時は24時前にくることもあるわよ。

彼は40代でIT系の会社を経営しているノリに乗ってるおじさまよ。
いつも何人か「舎弟」のような若い男の子やYOU TUBER、芸能人のような「アイキャッチ」になるような男の子を連れていることが多いわね。基本的に一人で行動する人は少なめ。後からアフターで綺麗な女の子が合流してくることも多いわよ。

こないだまで流行っていた「ギャラ飲み」ってどうなったのかしら?
飲むだけでちょろっとお金を払う都度要員の女子が用意できるようになったから、接待には便利みたいだけど、水商売の昔ながらのお付き合いっていう繋がりでお金をいただくシステムが変化しつつあるみたい。
写真審査があるから、そこそこ可愛い子がスマホ一つでデリバリーされるなんて、オンラインの時代よね。

アフターで来るような20代の女の子は、綺麗で細い子。でもどうみても水商売の子。あらあら、みんな元気ね〜あのチームはボックス席に押し込んじゃおうっと♡

IMG_20190608_0001

いわゆる「ウェイウェイ」してるのが大好きで、盛り上げてたまにテキーラ一気も現役♡
「バブルは終わってなかったのかしら?」と思える羽振りの良さで、近寄りがたいけど気前はいいわよ。
なんでもない日に「じゃっ、ブーブでも飲もっか」って言ってシャンパンを開けてくれることもあるし。

でもフラリと接待終わりで立ち寄ってくれた時には、意外と飲み物はレモンサワーや緑茶割り。自分のボトルの山崎や響なんかの高級ウィスキーをちびちびやっていることもあるわ。
ま、結局私たちも頂いちゃうから、結局おんなじかも♡
飲んで飲んで〜と気前よくしてくれるし。今日は契約が決まったからいいじゃない、って頂くこともあるわ(笑)

でも意外と男同士が集まると「突然の名刺交換」が始まって、少しでも「カネの匂い」がしそうな人がいたらすぐさま女子そっちのけで仕事の話になることも多いわね。「リッチマン同盟」でもあるのか、麻布・六本木で飲んでいるフィールド、職種が不動産・ITなんかだと「どこかで繋がっている」こともあるみたい。

気が合えば一緒にゴルフをするから、大抵車を持っているおじさまも多いわよ。車が停められる、港区の家に住んでいたとしても、意外とお洋服はこざっぱりしている人も多いわよ。Tシャツにオシャレスウェットやジーンズ、真っ白なスニーカーのおじさまもいるわよ。

おしゃれおじさまは財布はエルメス、クラッチバックはジミーチュウなどのキラキラ系、シルバーアクセサリーの「陸サーファーの残り香」を感じる方もいらっしゃるわ。あとは車一台分の時計をしている方も多いわね。こざっぱりした格好でも「時計は値崩れしない資産」と捉える人が多いから時計はこだわる方が多いわよ。

でも一番の資産は最後は「カラダ」になるのかしら?
プライベートなジムに通って、体を鍛えて黒やグレーのぴちっとしたTシャツをきているから
新宿二丁目で「誰もが振り向くようないいカラダ」の全てを手に入れたおじさまが
「最後に残る資産は健康とカラダ」
って言ってたのは味わい深かったわね。

金や車、美女、の全てを手に入れた人が行き着くところは結局そこなのよね。

だから仕事もプライベートも健康管理もストイックな堅物になっている可能性があるから、そのあたりはこちらがゆる〜く譲歩してあげないとね。
ワガママガキ大将で、不倫やバツがあってもめげずに突き進む港区おじさまは上昇志向の塊だから、全てを手に入れた男としてあたしたちはタピオカでも飲みながら、やさしくしてあげましょ。

さて、今回はおじさまと明け方の焼肉に誘われてるの。
また来週ここでね!
はい❤️お会計お願いします

モモ コダテ

モモ コダテ

1988年生まれ/新宿区在住
グラフィックデザイナー、ライター。
ゴールデン街のバーテン、様々な面白い人に出会う中でヒトの面白さに、独特の角度から切り込み、観察中。
2019年5月の文学フリマにジンを初出店。

Reviewed by
たかだ まなみ

【港区女子ならぬ、港区おじさんも要注意!?】
 
本日も絶好調。ミス・モモコ自ら氷を砕く、楽しいスナックのお時間だよ!
「スナックってなぁに?
くたびれたサラリーマン(小遣い2万円)が行くところでしょう?」
  
  
チッチッチッ!
  
  
なんでも、この蒸し暑いひと夏限定オープン。
女性も男性も、老いも若きも集って楽しく、
2019年、今、この瞬間を感じたい人が来るんだって。
時事ネタに花を咲かせ、
隣になった知らない者同士が日常の小さな幸せ、大きな怒りを共有する。
酒という大河にどくどくと、平凡な日常を流して忘れよう。

 
 
「焼酎ソーダ割り、最近頼む人増えたね~。
でも大抵そういう人はおつまみに手をつけないわ。
お腹がいっぱいになるんでしょうね」
気だるげに言うママは焼酎ロック。
そうこなくっちゃね!

トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る