ヴァーチャルスナック・モモコ『特報!セ(クハラ)・パ(ワハラ)両リーグ開催のご注意』

第45期

title_アートボード 1 のコピー

いらっしゃいませ。
ここはアパートメントの中にある日常の非常口「ヴァーチャルスナック・モモコ」へようこそ。
ありきたりのどこにでもあるような路地裏スナックよ。
私は店長のミス・モモコ。
あら、皆様投票帰りかしら?
雨の中お疲れ様!

雨降って地固まる!っていうけど
無用な涙は見たくないというもの。
散々今ニュースで「パワハラ」が叫ばれているけれども
ママは昔テレビ業界で働いていたことがあるのよ。
なので「あの業界がどれくらいセクハラ・パワハラの巣窟」だったか
なんてことは、言われなくてもわかってるのよね。

当時私は上司に車の中で「その穴のあいたストッキング破っていい?」と言われたこととか
「夏休みに出勤させられて1人で倉庫整理をして100本以上あるテープにラベルをつける」
など、命じられて見かねた他部署の子が手伝ってくれる・・・
なんてこともあったわね!

ま、そういう「汚泥をすすって出世で上に行く」ことが美徳とされる風潮もあるし
そういう1人あたりの「マンパワーの権限」がものすごく大きい業界なのよね。

ということで、今回は特報としてそういう「セクハラ」「パワハラ」が起こるまで
ということを丁寧に事案付きで説明していこうと思うわ

cover

「B子ちゃんの事案」
スペック:財閥系建築系大手企業に新卒で入社・総合職。パワーバランスとしては男社会で女性管理職は少なめ。

「尊敬する上司に気に入られていることはわかっていた。
しかし、だんだん特別扱いと思える行動がエスカレートしてきた」

というの
どれどれ・・・話を聞いてみるわね。

・会議室に4時間雪隠詰めにされて2人きりで詰められる(面談という名目)
・会社のメールで毎日私用の連絡が来る(そしてうっすら仕事の内容も混ぜるので返す必要性を匂わせる)
・何度も食事に誘われる

という明らかなものなの。
はい!でました。
皆様〜!セ・リーグが開催されましたよ〜!
シュートのポイントは
「少し仕事のこと」を混ぜて狡猾さを演出して、パスを回していきますよ〜!

そうして何度かやり取りし、行きたくない食事にも行き(なんで行くのか、というのは後で説明しますね)
3回目に渋谷の道玄坂で

「お前が好きなんだ!」と
抱きついてきたそうです。
ドラマだったら神展開なんですが

いやいやいや・・・・

「 あ ん た 結 婚 し て る よ な ? 」

と言いたいのをグググっとこらえてかわしたものの、
そこでその子の我慢が限界になり

「あ・・・私セクハラされてるかも」
と気づいたらしいのです。

さて、ここからはあくまで「女性」の目線でお届けしますね
男性の意見は聞いていませんので、悪しからず。

女性の思考回路としてここでまず
「なぜ、食事に行くのでしょうか?」
というクエスチョンがあるのだと思いますが、男性にしても女性にしても

「上司の誘いをやすやすと断りますか?」

という問題があるのよね。
仕事が絡むと尚のこと、部下という立場上いろんな「お付き合い」が発生してくるのは承知の上
ある程度は「我慢が必要」だと思ってしまうのよね。
こっちだって、そんな好きでもない上司とご飯に行くくらいならピザでも頼んで家でNetflixでも見たいよう、
って思ってるのよ。本心はね。

でもなぜそこまでギリギリまで甘くなってしまったのかというと

「その上司のことを尊敬しているから」

なのよね。
仕事もできないどうしようもないヘボ上司だったらまだバカにするものの
仕事面ではバリバリできるちゃんとした人だったらしいのね。
だからこそ「もしもーし、そこまで良識ありますよねー?」と、こっちは思ってるから

「そこまでの事をしてくるとは思ってなかった」

というのが女の認識なのよね。

でも男側の認識って・・・・

「ご飯に誘ったら来てくれたから、オッケーのサインかと思った」

みたいな「犯罪者のような供述」をするのよね。
そうして次の言葉は
「だって気がなきゃご飯とかいかなくない〜?10%か20%くらいは気があったでしょ!」

って、堂々と言われますが
「いつワシが気があると言ったか?お前はエスパーなのか?断ったら失礼になるから1回くらいは付き合ってやろうと思ったんですけど」
というのが女性の本音。
気がなくても女性はご飯くらい行きます。
だってせっかく誘ってくれて断ったら失礼になるから!そしてそんな悪い人に見られたくないから!

っていうのが、本心ですからね。ご注意を。

IMG_0586

そしてB子ちゃんにどんどんセクハラ行為はエスカレートしていきます。
はい!ここで彼女のスペックを見てみましょう

「大手企業」

とありますね。もちろん、セクハラを相談できるところくらい社内にありますが
彼女はギリギリまでしなかった。
なぜなら

「セクハラをされていると相談するということ、
すなわち上司に相談するということ、
すなわち本社にその情報が行くという事、

すなわち、、

上司が私にセクハラをしているということを全社員に知れ渡るくらい、声を大にして言わなきゃいけない」

のです。
そして確実に

「女が色気を出して男を誘ったんだ」

と言われます。これは高確率で言われます。

ということもひっくるめて、弁護士が必要になるかもしれない覚悟で全面的に戦わなきゃいけない。
確実に仕事がしづらくなります。

という、被害を受けている人がリスクを受けることになるのです。

本当は、面倒なことになるので内々で2人だけで処理したい。
でも、他者が介入しないとこの問題は解決しないのよね。
そうして居づらくなったら
熾烈な就活戦争を勝ち抜いて入った会社なのに
あきらかに「失職」することは目に見えているわよね

そうしてこじれにこじれて片方が「異動する」する結果になったものの
彼女は最後退社することに。

ちなみに、その後「セ(クハラ)リーグ」の試合が終了したら
今度は「パ(ワハラ)リーグ」へのステージが待ってるのよね。

「あんなによくしてやったのに、(いやいやセクハラですけど)裏切りやがって」
と上司に言われることもあるのよ。
あんぐりよね。

ママも
「山手線で痴漢されたんです〜涙」って上司に愚痴ったら
「へえ、女に見られてよかったじゃん」
って言われた時は口をあんぐりとあけて、その口で噛み付いてやろうと思ったわ。

IMG_0585

ま、悪い人ばかりではないけど自分の目で見極めないとね。
さ、より良い社会になるように投票してこよ〜っと

ではでは❤️お会計お願いします
また来週〜!清き一万円札を〜!くださ〜い!