Mais ou Menos #34 —裏でも表でもないわたしたちの往復書簡ー

Mais ou Menos

mom34-1

mom34-2

ぴちゃん

今日はすごく涼しいね。ここ数日、雨の日が続いているけれど、すごしやすくてたすかる。

この一ヶ月間は、いろんなことが起きて、いろんな変化があった。体調不良の理由がわかって、検査のために一週間入院をしたり、毎日のルーティンがすこし変わったりしたね。なにより、自分が指定難病になるなんて、まったく予想してなかった。メンタルの問題でもなく脳の問題だったなんてね…。
個人的には、この数ヶ月で自分の体に起きたこと、自分の人生の大きな分岐点になると思う。

生き方も、この先もっと変わっていくと思う。
薬である程度症状をおさえることができるけれど、色々考えながらなところもあるし、以前よりも一歩まずは立ち止まって考えるようになった。自分の体のこと、それを最初に考えて行動するようになった。

一生付き合っていく病気だから、この先、この病気も自分のアイデンティティとして、自分の体と精神の一部になっていくんだろね。

入院中も、ぴには支えてもらって、日々の仕事のあい間に顔を見にきてくれたのすごく嬉しかった。2人で、それぞれの視点から記録をつけはじめ、入院中の写真も残すことができてよかった。不思議だけど、写真から自分たちのそのときの気持ちがにじみ出していて、思い出します。

仕事のこと、これからのこと、心配なことたくさんあるけれど、なんとかなると思う。前に進むペースは、ゆっくり亀の歩みになるけれど、今はあまり焦ってないの。職場でも理解してもらえているし、まわりの環境に感謝する日々です。もちろん、ぴのパパやママ、自分の家族にも。

30歳って、そういう年なのかな?
ぴも適応障害だとわかったのは、30-31の頃だったね。関係あるのかないのかはわからないけれど、自分たちの体と心のことを、もっと深く考える時期なのかもね。おたがい、日々ぼちぼちやっていこうね。

maysa

————————

まちゃんへ

まちゃんが病気になって、検査入院することになり、その間久しぶりに2人が離れて過ごしたとき、改めて、自分やまちゃんのことを静かに見つめ直せた気がしました。

やっぱり大切だと思ったのは、二人の生活のこと。
仕事は生活していくために必要なことやけど、どちらかの仕事がなんとかやっていれば、とりあえず生きていけるから、2人が生きていけることが大切なんだと思いました。

まちゃんの病気は薬を飲んで、気をつけていれば命に関わらない病気やけど、何度もまちゃんが、もし死んだら、ということを考えました。

頭の中が真っ白になった。
2人でただ生きようと思った。

私は、人とすぐ自分とを比べてしまうところがあるけど、そういうのやめようと思った。

まちゃんと自分が幸せで、生きていたらいいやんと思った。
人のことはどうでもいい、という意味ではなくて、自分たちのささやかな生活にすごく満足しているし、このまま、自分たちのできる範囲で楽しんで、楽しんで、生きて、生きて、いこう。
好きなこといっぱいしよう。

2017.8.11

P