入居者名・記事名・タグで
検索できます。

今あるタグ

Mais ou Menos #37 —裏でも表でもないわたしたちの往復書簡ー

Mais ou Menos

mom37_1

mom37_2

mom37_3
——————–
DEAR: Pちゃん

今日は遅くまで残業お疲れ様。しばらく残業しなくてもいいように頑張ってたけれど、たまにはこういう日もあるね。

私はここ数日、具合があまり良くなくて少し落ち込み気味。病気になってからPMSが以前よりひどくなった気がする。もっと若い頃は体が痛かったけれど、ここ数ヶ月は心が痛む。これも薬の影響なのかな?ホルモンを促進する薬だし、まったくゼロでは無い気もするし、無関係な気もする。来週は月1の診察の日だけれど、PMSについて先生に相談するべきか悩んでいる。主治医の先生は好きだけれど、こういう事はやっぱり相談しにくいね…

体調があまり良くないと言うこともあるけれど、今仕事に対するモチベーションが下がっていて、結構焦っています。先月から数冊、ライフスタイルや仕事術に関する本を読んで、やる気が出てると思ってたんだけれど、滝のてっぺんから落ちたみたいな気持ち。こういうときは静かに嵐が過ぎるのを待つしかないのかな。仕事のモチベは下がっているけれど、ものづくりへの意欲は高まっていて、服作りは楽しんでる。最近編み物に夢中です。ストックの毛糸を使いきってしまいたいと言う気持ちのせいか、編んでしまいたいという気持ち。断捨離って、ただ単にどんどん捨てたらいい訳じゃなく、自分にとって価値があるものを選びとっていく必要があって、多分、今の私は糸を整理しつつ、残すものと手放すものをゆっくり選んでいるのかも。

そういえば、ここ最近読んだ本では、共通のメッセージがあった。「自分にとって大切な事はなに?」「本当にやりたいことはなに?」この2点について、常に自分自身に問いかけることが大事って。そして、たとえほんの小さな、ミリ単位の大きさでもいいから行動すること。頭でっかちで、なかなか先延ばし癖がぬけない私ですが、そういった日々の積み重ねが大切だっていうのはすごくよくわかる。自分にとって大切なことを知ることは、なにに力を入れるかを取捨選択することで、断捨離みたいやね。先人たちは1つのことにフォーカスすることの大事さを、伝えようとしてくれてるんだろうなぁ。

なんだか今日は支離滅裂になってしまった。Pが出張に出ている間、手だけはもくもくと動かしていて、何着か完成したことだけでもよしとしよう。あまり落ち込まんとこ。
出張先で考えたことをいろいろ聞かせてね。

Maysa

——————–

まちゃんへ

最近どんどん寒くなってきたね。

昨日まで、ある不思議な体験をしてきました。
3時間、時間をもらって、その間はやりたいことをやっていいと言うものだった。

やりたくないことは、やらなくていい。やりたくないことをやらないことをやるのもありというわけです。
私は最初に桃の木に登りました。木登り自体、何年ぶりなんやろう…
風を全身に受け止めて、高い所へ登るワクワク感が楽しかった。
他に、キャッチボール、野球もすごく楽しかった。

やりたいことをやって、やりたくないことやらなくていい。こんな当たり前のように見える選択肢が、自分で選ぶ、決めることができることにすごく気持ちよさを感じた。裏を返せば、いかに毎日やりたくないことをやっているのかと言うことにも気づき、そりゃストレス溜まるよなと思った。

まちゃんが読んだ本の中のメッセージ、「自分にとって大切なことはなに?」、「本当にやりたいことはなに?」これを常に自分自身に問いかけることが大事、というの今の自分にすごく響いた。

結局そうなんやなー。自分のやりたいことを少しでもいいから行動に移していく。やっていこうと思う。もっともっとシンプルにミニマルな生活がしたい。

2017.11.14

P

Maysa Tomikawa

Maysa Tomikawa

1986年ブラジル サンパウロ出身、東京在住。ブラジルと日本を行き来しながら生きる根無し草です。定住をこころから望む反面、実際には点々と拠点をかえています。一カ所に留まっていられないのかもしれません。

水を大量に飲んでしまう病気を患ってから、日々のwell-beingについて、考え続けています。

PQ

PQ

ゲームと映画が好きです。
国籍も性別もない。

Reviewed by
西尾 佳織

「3時間、時間をあげます。その間はなんでもやりたいことをやっていい」と言われたら、何をするか?

え、私だったら、何だろう? と考えて心が動いている。

本当は3時間なんてもんじゃなく、1日は24時間もあって、
しかも1日が24時間という風に区切ったのだって人間の決め事に過ぎないはずで、
区切らなければもっともっと時間は死ぬまであって、
それをどう使うか、どのように生きるか、私たちは自分で決められる。

……はずなのに、ついつい、気付けば毎日を受け身で他人に区切られて決められて生きておる。のであった。

だけど、3時間が難しかったら1時間、
毎日がむりなら3日に1回とかでも、
自分で自分に「なにしてもいいタイム」をあげられたら、
そんでもってその1時間の中で木登りしていつもと違う高さから景色を眺めたりしたら、
かーーーなり風通しがよくなるかもしんまい。

トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る