入居者名・記事名・タグで
検索できます。

曖昧でも、中間でもないパステルカラー

それをエンジェルと呼んだ、彼女たち。

「マネキンが動いたのかと思った」とお客さんが驚いたのは、1度や2度ではなかった。あまり変化のない表情には、ますますそう思わせるところがあった。当時働いていたインテリア・ファッションのお店の、後輩だった女の子のことだ。

73E74E5D-9BB2-47AC-B471-6FE292E01CC9

しょっちゅう変わる髪の毛の色はパフェみたいに可愛くて、白い肌と淡いメイクが人形らしさを際立たせる。彼女が着るお洋服はどれも個性的に違いないのだけど、彼女の世界観とぴったりあっているために違和感がない。彼女がなんとなくお店に立つだけで華やいで、なんとなく立っているだけなのにコーディネートされたマネキンのようだった。それゆえ、動いた拍子にお客さんをドッキリさせることもあったのだ。

もともとエッジの効いたファッショナブルな人ばかりのお店でも、彼女は目立った。容姿だけではなく、接客も独特だったのもあるだろう。最初のひと声を掛けるまでの間隔、声の掛け方(はじまりはどちらかというとローテンションでさりげない)、お客さんの好みの探り方、その人に合う商品の選び方(はやい)、そして褒め方(とびきり嬉しそうに彼女が放つ「かわいい」!)。最初は彼女の完璧な姿になんとなくたじろぐお客さんでも、彼女にかわいい!と言ってもらえると嬉しくなるし、自信を持てるのだろうと、私にも想像できた。私は彼女に会って「カリスマ」というものを初めて信じたのだった。

彼女はお店のなかでも最年少だったけれど、自分の意見をはっきりと言う気の強いところも印象的だった。説明のひとつひとつは年相応なのだけど、自分のやりたいことを実現してやるんだという気概は年齢と関係なく人並み以上のもので、それはもう、紛れもない彼女の才能だった。彼女には意地の悪さで評判だった上司も惚れ込み、彼女の自由にやらせたいと思わせるほどのパワーがあった。

だからといって彼女のほうは、誰かに根回しをするとか懐くという感じはなくて、直球だったと思う。その気高さが一級品だったのだ。

そうして彼女は自分の企画をいくつも実現し、毎月厳しく評価された売上もトップを走った。彼女ほどの人は独立したらいいだろうに、と思う一方で、彼女ほど組織のなかで生き生きとできる人もいないのではと感じた。彼女はやりたい企画をやらせてもらえるほどの売上を積み上げ、圧倒的なセンスで社内でも一目置かれ、お客さんにたくさん愛されていた。一方で会社に迎合せず、休みたいときに休んで旅行へ出かけた。相手に依らず、自分が損なわれないように振る舞える彼女こそ、その会社で働くメリットがある気がした。完璧な水族館で悠々泳ぐ、熱帯魚のような彼女だからこそ。

16300189_10211211210853268_2224861350273537469_o

自分が損なわれないように、というのは組織で働くときに本当に大事なことだと思う。空気を読み過ぎたり、プレッシャーによって無理をすることは、積み重なると、簡単に自分がもともと持っている健やかさや強さ、優しさを損なってしまう。私を含め同時期に働いた同僚の何人かは心身を損なってしまった。けれど、同じ職場環境で、彼女はぐんぐん伸びたのだ。

「置かれた場所で咲けないなら、場所を変えればいいじゃない」とずっと考えてきた。咲くことは自分にとって大事な営みなのだから、風に乗ってでも、通りがかる生き物に便乗してでも、遠くに種を飛ばして、生きる場所を変える。当たり前のように、そうするしかないと思っていた。

何度かそういう決意をするうちに、場所を変えることも人を変えることもなく、彼女が彼女のまま、組織でサバイブする様を思い出すことがあった。彼女の戦い方もなかなか勇ましい、と羨ましく思う。

そういうときは、コンクリート・ジャングルにも咲くナガミヒナゲシのサーモンピンクも一緒に思い出される。

彼女の淡いチークの色と似ていたせいなのかもしれなかった。

松渕さいこ

松渕さいこ

編集者/インテリアショップスタッフ 東京在住
お年玉で水色のテーブルを買うような幼少期を過ごし、そのまま大人になりました。自分のお店を開くことが目標。旅/器/音楽を聴きにいく が特に好きなこと。最近チェロを習いはじめました。

Reviewed by
ぬかづき

会社組織のような人びとの集まりのなかで自分らしく振る舞うことには葛藤がともなう。なんとなく良しとされるような規範があって、明文化されておらずとも、人びとの周りを空気のように取り巻いている。この規範から外れた振る舞い (たとえば、ファッション、ワーキングスタイル、休みのとり方、同僚たちとのコミュニケーション、などなど) をしようとすると、どうしてもある種の後ろめたさや不安がつきまとう。

この後ろめたさや不安を払拭し得る特効薬は、ずばり「成果」である。ほかの人びとをぐんと引き離すほどの成果をあげていれば、「あの人は抜群の成果をあげているのだから、ファッション/言動/ワーキングスタイルがちょっとくらい奇抜でも、まあ許されちゃうよね」というアレである。あるいは逆の方向から考えられることもある。「ああいう奇抜な人だから、他の人にはない才能を持ってるよね」というやつ。

おそらく、自分らしい振る舞いと成果とは双方向に影響しあっている。自分らしく最大限のパフォーマンスを出すことでうまく成果があがれば、それが自信になって、自分らしさの発揮も自己肯定できる。そうするとまたパフォーマンスが上がり、さらなる自信につながる。でも、この正のスパイラルにうまく乗れないと、組織のなかで自分を殺して、しかし目立った成果もあげられていない肩身の狭さから、さらに自分らしさを封印して組織の規範に心身をなじませようとする。

わたしが思うに、この正のスパイラルに乗れるかどうかは、運の要素が大きい。仕事や組織との相性とか、そのときその場所での自身のコンディションとか、顧客や同僚といった周りの人との関係性とか。もしうまく乗れた場合には、あまり実力を過信せずに謙虚さを忘れないこと。もしうまく乗れなかった場合にも、必要以上に自分を責めないこと。そして、本当は、成果があがっていてもいなくても、みんながみんな自分らしさを発揮できるような組織が理想だなとわたしは思う。

トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る