最後の日記

第4期(2012年8月-9月)

昔から、ジムなんかによくあるランニングマシンに乗って走ってる人、あれバカなんじゃないかな?と思っていたんだけど(だって同じ場所をハムスターみたいに走り続けてる姿ってマヌケにしか見えない)、最近、僕自身がランニングマシンにはまり出した!あれはおもしろい。実際やってみて思ったんだけど、あれって引きこもりとジョギングの融合だよな。引きこもりとジョギングという相反する二つのジャスティスの幸せな結婚ですよ。その場から動かずに体だけ動かせるから、実際のジョギングみたいに車とか自転車とか信号とか気にせずに走る事だけに集中できるし、「走りながら景色が変わらないのは味気ないのでは…」という懸念も、「味気ない。だからこそ走る事だけに集中できるのだ!」という理解に変わった。ジョギングって何か開放的じゃないですか。でも僕は引きこもっていたいんだ!そんな自分にぴったり!ランニングマシーン!

という感じで、風呂とプールだけが目当てで入会したスポーツジムの、そこに置いてある様々な機械がおもしろくて、いま一番はまっているのがランニングマシーン。次にはまっているのが滑車に取り付けられたロープをぐいぐい引っ張ってひたすら腕力を鍛えるというナントカって機械。

朝から写真を整理したりプリントしたりしていた。メキシコにいた頃のやつ。
この前友人と酒を飲んでいた時もしゃべったんだけど、僕は別に東京にいる事にこだわってないし、住むならどこでもいーや。だからもう来年からいっそメキシコで暮らしたいな。という気になった。写真を見ていたら。

メキシコと全然関係ないけど、よく考えたら僕はアパートメントにまだ一枚も写真をのせていなかった。
せっかくだからのせておこう。

最近リチャード・パワーズ「舞踏会へ向かう三人の農夫」を読んでいるけど、いまいちノれないのが悩み。こう、いつまでも飛行機のタイヤがおさまらずに、空港の中をぐるぐるぐるぐる周回してるような感じがするんだよ。グッと飛び立つ瞬間が訪れないというか。海外の小説、ひさしぶりに読んでるからかな。

それにしてもアパートメントの文字、小さいよな…。と思って今日ついに文字の表示を拡大させた。おっさんになった!

あ、でもこの日記も今日で終わりなのか!まじで!さようなら!
書く人いなかったらまた担当してあげてもいいですよ!何なら毎日ぼくが更新しようか?

さ、ジム行こ。それからビール飲むんだ。

金子平民
=平民新聞
=フェイスブック「平民金子」
=ツイッター(平民新聞)

昨日、飲み屋のおっさんが帰り際にリンゴくれてさあ。今日もリンゴくれるかな。でも飲んで食った後にリンゴ丸ごと1個もらってもなあ!だからこのリンゴはきみにあげよう!ほれ!