ボウズ、住職、僧侶!?

第28期(2016年8月-9月)

お疲れ様です。
僧侶の鈴木秀彰(すずきひであき)です
今回で第7回目。

前回は、今一度自分を見つけなおした僕が次にとった行動について、お話させていただきました。

それは「自己受容」。
できない自分も自分なのだと受け入れるという行動でした。

受容すると、自分をもっと知りたいという気持ちが出てきました。
多くのイベントを開催していたご縁で、さまざまな人に出会い、他者から教えてくれる自分という存在に気づいたのです。

今回は、その次の行動をとった結果から起きた葛藤から、話を進めていきます。

人はなにかと悩みが多く、葛藤が多い生き物です。
それは普段、悩み相談を受けていて、率直に感じることです。

そんな僕も同じく、ふと悩むことがあります。
僕が僧侶であるからといって、悩みもなく
隙もなく、どこか完璧でなくてはならないのでしょうか。
そもそも僧侶も人間であるわけではと思うのです。

しかし、世間における僧侶像は評価が高い印象を受けます。
「信念が強く、何事においてもぶれない」
ときには「このような存在であってほしい」という
願いとして耳に入ってくる場合もあります。

ちなみに僕は有髪の僧侶です。
初対面の方による第一声は
「あれ?僧侶さんなのに髪があっていいのですか」
だいたい疑問に思うようです。

でも僧侶はなぜ坊主頭なのでしょうか。
調べてみると欲がない状況、自分をどこか律するために
あの姿であるらしいのです。

つまり有髪であると、人からよく見られたいなどという
欲が出てくるのではと。

僕はここに、もしかしたら欲が出てしまうという
僧侶の恐れ、不安の現れを感じています。

そもそも欲って出てはいけないものなのでしょうか。
悩みと一緒で
僧侶だって人間ですから欲があります。
それを隠すこともなく、
律することもないのではと思うのです。

要は、その出てくる欲にまみれず、
先程のどこか一般の方とは違う存在、雰囲気、姿であれば
いいのではないでしょうか。

それにしても、これだけ見た目から、髪型から、人によっては
その姿、身なりからイメージのある職業があるのでしょうか。

次回はそんな僕が今、描いている未来について、話を進めていきます。

合掌

436922a74da6726e4e6a8858fa4e2c7b_s