Letters #5

第29期(2016年10月-11月)

ロゴ

cover

//////////////////////////////////////////////

2010年8月25日からの手紙

//////////////////////////////////////////////

昼下がりに雀の巣を見た。

お母さん雀と、もうすぐ巣立てそうなひな、そしてまだ小さなひな。
ずいぶん育ちに差があるなと訝っていたら
小さな方のひながわずかに飛んで、わたしの肩に留まった。
ひなの羽根は、やわらかく小さな三角みたいだ。

肩に載せたまま家に帰った。
しばらく餌をやって世話をしていたけれど、
小さなひなの身体は弱くて、
生きるのに耐えられないみたいだった。

もうすぐ死んでしまうという時に、わたしはひなの写真を撮った。
ひなの愛らしさを手元に残しておきたくて、
だけどそこに、ひなの本当の愛らしさは写らないと知っていながら
むなしいけれど、撮ることをやめられなかった。

そうして死んでしまったひなを手のひらに載せて
母に、ひな、拾ったんだ、可愛いでしょうと言うと
母は、可愛いね、と言った。

そこで目が覚めた。

さみしさやむなしさではなくて
ひなのぬくもりの余韻だけがしばらく続いた。

Letter from 25 Aug.2010 to 2 Nov.2016